10年10万kmストーリー 第33回      ヒビ割れは愛着の痕跡

ロータス・エランS2 (1965年型)/ Lotus Elan S2(1965)

21年距離不明


 東京の新宿に世界堂という大きな画材店があって、地下が駐車場になっている。
 この店で、ミャンマーで購入した絵の額装を頼んで帰ろうとしたら、赤いロータス・エランが入ってきて、駐車スペースに停まった。
 エランを見るのは久しぶりだったから思わず見惚れてしまった。エランで画材店に来るなんて、どんな人なのだろうか?
 降りてきた男性ドライバーに声を掛けてみた。気さくに応じてくれ、エランは20年以上乗り続けているという、1965年型のシリーズ2だった。
 彼も用事があってここに来たのだろうから、長く引き止めてしまうのは申し訳ない。連絡先を教えてもらい、後日、メールをやり取りして、会ってくれることになった。
 待ち合わせ場所のコインパーキングには他にクルマが停まっていなくて、だだっ広い空間にエランの小ささが余計に際立っていた。

この続きをみるには

この続き:4,211文字/画像8枚
記事を購入する

10年10万kmストーリー 第33回      ヒビ割れは愛着の痕跡

金子浩久書店

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

他の記事も読んでみて下さい。
1

10年10万kmストーリー

一台のクルマに長く乗り続ける人々のルポルタージュ。自動車ライター金子浩久が全国に出掛け、クルマ好きの喜怒哀楽を共有する。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。