その場所に行けばいるのは分かってるその想いだけに埋められる日々

画像1 昔付き合ってた人が来ているだろう、共通の知り合いの結婚式などに呼ばれたらどうするか?…みたいなシチュエーション。実際過去に、呼ばれてはないけど、外(ガーデン?)で挙げるから誰でも見にこられるので、良かったらどうぞ、というのは行ったことある。遠目に見かけた。それだけ。22〜23歳位の頃の話です。相手との関係性によるよね。 #イラスト #漫画 #1ページ漫画 #マンガ #結婚式 #同窓会でもいいんだけど #短歌 #tanka

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございますサポートくださると喜んで次の作品を頑張ります!多分。

アリガトゴザイマス!ワタシモスキデース
71

かねきょ(漫画・イラスト)

3人の男の子を子育て中のオタク主婦。毎日お弁当作りと筆ペン(もはやデジタル移行中)でお絵かきを少々時々短歌。スキ•フォロー•シェアはご自由に。リフォローは必ずしもできませんがフォローやスキつけて下さったら見に行きます!漫画・イラスト等の依頼もお待ちしてます。

少女・子ども*イラスト2

主に少女と子ども。前のマガジンがいっぱいになったので1つ別のマガジンを崩して作りました。
2つ のマガジンに含まれています

コメント4件

ドラマがいろいろ浮かぶシチュエーションですね(*^^*)
ほしちかさん
コメントありがとうございます(*^^*)その日までその事で頭がいっぱいになって、その想いに支配されている感じがもやもやしますよね。そうは言っても日常をこなさねばならないのですが。そういうのごと、全部さっぱりするにはどうすりゃいいの?みたいなものが表せたら良いのですが、もちろんそこまで短歌も漫画もイラストも雄弁でなくてすみません。色々、それぞれ好きに想像して頂くのが一番ですね。
待ち伏せ、的な話を最初連想した。そっちか。行かねー(^^)
kaerucoさん
普通は行かないですよね(*^^*)
もし街で見かけても声もかけないし、きっと気づかないふりするでしょうしね。私もそれがいいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。