年齢を重ねるごとに、夜の長さを知るようになる。

小学校高学年になり、21:00からのTVを観るようになった。

中学生になり、塾から帰るのが22:00過ぎになった。

高校生になり、あの人からのLINEを待って日付を跨いだ。

これから僕が知ることになる夜は、どのくらい長いのだろう。僕は何をきっかけにその長さを知るのだろう。

そして極限まで夜の長さを知ったあと、僕はたぶん朝の尊さを知るのだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

一介のバント職人

暇潰し、あるいは教科書に書いた消せない落書き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。