見出し画像

飛行機

夏の、とても暑かった日のこと。

ようやく日が落ちて暗くなった後、ぽつりぽつりと雨が降りだした。
空気はまだ熱を帯びたまま、僕の肌のうえを生ぬるい感触を残しながら這う。
すこしだけ冷たい雨の粒が、熱をもった腕に、首筋に、ぽつりと落ちる。

空を見上げる。

飛行機が、赤や黄色の光を点滅させながら上空を横切っていた。
この雨は続くだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

一介のバント職人

暇潰し、あるいは教科書に書いた消せない落書き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。