奇跡じゃない?


こんばんは、関根愛(せきね・めぐみ)です。

noteヘッダーを変えました!
今年の冬に、奄美群島、加計呂麻島で撮った一枚です。

このとき砂浜で読んでいるのは、もちろん「Airswimming」です。
まだ企画が始動する前でした。

誕生日を迎えた直後で、二十代最後か。
この作品をやりたいよな。やるよな。
って、冬の南国の海と空と大気に、その気を混ぜてました。


人生には二通りの生き方があって、
すべてが奇跡かのようにして生きるか、
すべて奇跡じゃないというふうに生きるか。どちらかだ。


っていうようなことを昔きいたことがあります。

なんでか今日ふとそう思い出したのですが、
皆さんはどうですか?

日によってちがうかもしれないし、気分にもよりそうだし、
そんなものかもしれませんが。

以前の私なら前者を選ぼうとするはずですが、
今の私は後者です。

こうやって公演へ向けた日々を歩んでいると、
道中すべて奇跡だとしか思えない瞬間ばかりなのですが、
あえてそうじゃないとしてみたらどうか。

奇跡におもえることが、奇跡じゃないと考えたら?

今のわたしには、そちらのほうが目の前が明るいですね。
責任があって、自由。素敵に思えます。

奇跡じゃなくて、これが現実。
奇跡のせいにせずに、現実をもう一段階くっと深く見てみる。

新しい自分のありかたを発見できるかもしれない。


まぁ、たかが言葉一つの表現なんですけれども。
面白いなぁ。


先日、また新たな方が公演のための金額をnoteサポート機能からご支援くださいました。
力強い励ましに勇気をいただいています。

心よりお礼を申し上げます。


七月がうそみたいに山あり谷ありだったので、
八月はようやく小さな帆を張って海に出られた感じです。
海には海のたいへんさがきっとあるのでしょうが。
まだまだまだやることが沢山ある。

ほんの少しは、自信がつきました。

その八月がもうすぐ終わるなんて。
またとない時間を生きられていることをありがたいなぁと思っています。

一日一生、大事にしたいな。

メグ
**Twitter**
**Facebook**
**HP**

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援ありがとうございます!サポートいただいた金額は創作費に充てさせて頂きます。次なる作品をお届けできることを楽しみにしています!

Thank you!
11

◯日本初演「エアスイミング」◯

日本初演/初企画プロデュース&主演舞台「エアスイミング」のこと。東京都教育委員会助成金「チャレンジアシストプログラム」へ選出。Motion Galleryで実施したCFにて目標額200%を達成した企画。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。