【Airswimming】クラウドファンディングがスタートします。



9月14日(金)0:00より、
【日本初演、演劇の聖地・英国幻の女性二人芝居"Airswimming"翻訳出版/上演企画】
と題して、生まれて初めてのクラウドファンディングがいよいよスタートします。

Motion Galleryさんをご紹介下さった高木祥衣さんや、NPO法人ETIC.の加勢さんをはじめ、何人かの方に心強いアドバイスをいただきながらようやく入稿することができました。

長い道のりでした。
私はひとつのことをちゃちゃっとこなすことができません。
とにかく何をやるにも時間がかかる人間です。
それを今回の企画を通して痛い程、実感しています。

何度書いても納得する文章が書けませんでした。
一ヶ月以上かけて、書いては直し、書いては直し、を繰り返して訳が分からなくもなりました。
文章を書くことは好きなのに、言葉で伝えることはすごく素晴らしいことなのに、言葉にすること自体を無粋に思ったり、嫌気が差したりまでもしました。
心を空っぽにして耳を澄ませば聴こえるはずの音が聴こえないのがすごくつらかった。
心で受け止める前に頭がぱんぱんになっていくのが苦しく、こんなプロセスを通るなんて自分はおかしいんじゃないかとも思いました。

なぜ今これをやりたいのだろう?
なぜ今これでなくてはならないのだろう?
それをしっかり簡潔に言語化したかった。
そのためには、自分の人生を他のいつでもないたった今の私がたった今振り返る必要がありました。
振り返るのは好きじゃない(というか集中しないと思い出せないことが多い)私ですが、この過程で、自分がシンプルになる発見をいくつかすることができました。

うまくまとめられたかは分かりません。
でも、まだもっといける、まだもっとどこか、と先延ばしにし続けすぎても迷路に入っていくばかりなので、決意をし、期限を決め、書きました。(それでも最初に自分の中に決めた期限から五回くらい延ばしている・・・)

最後は、「あとは野となれ山となれ」でした。
そう思えるまでやれたことは、良かったと思っています。

忍耐と根気と本気を試されつづけている。
そしてこれは、本当に、今の時点でも何より身にしみて感じることは、
すべては自分を信じる力なのだ、と。
すべてはそこだ。

ことあるごとに自信をなくしそうになってばかりです。
あれ。自分ってこんなに何も分かってないんだ。
あれ。こんなに何もできないんだ。
ちょっと気を抜こうものなら見えない巨大な何かに一撃でやられそうです。

だからこそ、ただただ純粋な、子どもがするみたいな、無邪気で無条件な自分を信じる強さを持っていないといけない。
理屈なんて持っていちゃいけない。
だって、それはすごく怖いことだって分かるんですけど、私はやらなくちゃ一歩先へも進めないのです。

強いから、無敵だから自分を信じられる、じゃないんだと思いました。
よわくていいから自分を信じて行動しつづけられるかどうか。
それを試されている。

ただ、自分自身をこんなに根底から揺るがす出来事に直面しつづけていることは、大事だと思っています。
もがいているけど、一筋縄ではまったくいかないけど、そうやって取り組んでいることが結局は好きなのだと思います。
やりたいことがあるのに何もしていないほうがずっとつらい。

今伝えたいことは、全部込めることができたと思えています。

この企画をはじめてから何もかも初めてだらけです。
赤ん坊のように両手で沢山の人の手をお借りして何とか歩いています。
本当にお礼の気持ちがいっぱいです。
でも、まだまだ早い。先がある。辿り着くゴールがあります。
時間は決してとまらないし、むしろジャンプしてる!

募集開始したらまたぜひお知らせさせて下さい。
クラウドファンディングは本当に挑戦ですが健闘したいです。

どうぞよろしくお願いいたします!


メグ
**Twitter**
**Facebook**
**HP**

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援ありがとうございます!サポートいただいた金額は創作費に充てさせて頂きます。次なる作品をお届けできることを楽しみにしています!

Thank you!
16

◯日本初演「エアスイミング」◯

日本初演/初企画プロデュース&主演舞台「エアスイミング」のこと。東京都教育委員会助成金「チャレンジアシストプログラム」へ選出。Motion Galleryで実施したCFにて目標額200%を達成した企画。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。