Deadzone,Sensiとプレイスタイル

最近までしばらくJstn.の設定でプレイしていた。それは0.05 1.3 1.3とかなり早いものだ。ある日1.2 1.2に変えてみたところ、すごく調子が良くなった。
リダイレクトもパワーショットもエアリアルも狙い通りに撃てた。そしてJstn.の設定は難しくて僕には扱いきれないものと判断した。

その時に他のプロの設定を調べていてこんなものを見つけた。
これはプロプレイヤーのDeadzone設定がリストにまとめられている。
一番早い設定がMognus: 0.0 1.5 1.5
一番遅い設定がKaydop: 0.1 1.0 1.0

なんとなく眺めていて共通点に気付いた。Deadzoneが似ているプレイヤーはプレイスタイルも似ているということ。視聴者の多いプレイヤーで言うと、Squishy, Jstn.が似ていてKaydop, Tormentが似ている。こういう括りにするとなんとなく2種類のプレイスタイルがみえる。こう言い換えてもいい。
Deadzoneが早い設定と遅い設定に別けられる。さらに上記の4人はいずれもトッププレイヤーなのでその2種類は一長一短なのだろう。

長所と短所

SquishyとKaydopの配信を見比べれば気付くと思う。前者は技術が高く後者は技術が低い。ただし難しい技を使う場合のみだ。簡単な技で考えると、前者は不安定で後者は安定する。トッププレイヤーなので不安定だからと言って空振りすることはないが、Kaydopの方が安定感があるはず。
個人的にKaydopが好きなので彼の特徴を書く。

壁からボールを運ぶとき、50/50を狙ったエアドリブル or 単純に強く撃つ or そんなに強くないシーリングショット
トラップした後、パワーショット or 横パス or ボールを転がしてパワーショットのフェイク

SquishyやJstn.は敵の意表をつき視聴者も驚くようなプレイが多い。

つまりこの両者の得意な動きは両立させるのが難しいと思う。SquishyならKaydopと同じような動きも出来るはずだが、それはKaydopの方が上手いだろう。逆にKaydopもシーリングショットは出来るだろうが、Squishyほど上手くない。
ちなみに僕はDeadzoneとSensiをKaydopと同じにしている。Realizeは最近0.05 1.2 1.2にしたらしい。

まとめ

各々好きなプレイスタイルを選んでみて!ただKaydopの設定でSquishyのようなプレイスタイルを目指すのは難しいかもしれない。逆もしかり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

Kanra

ロケットリーグをプレイしているKanraです。 読んで実践すると実力が上がるような記事を心掛けています。

Rocket League | 設定

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。