vol.11-3 国際協力の関心分野や専門分野、どうやって絞ればいいの?(原)

まず、国際協力への関わり方は非常に多種多様です。これは「国際協力」だけれど、これは「国際協力」じゃない、とはっきり分けることは難しいですよね。というか、そもそも分ける必要もないと思います。
そこで、今回のテーマを進める上で、「職業として国際協力に携わるために」を前提としてもよいですか?

そうですね。「職業として国際協力に携わるために」を前提にして大丈夫です。というよりも、もっと細かく言ったら、「海外での国際協力(支援・援助)に携わるために」ですね。


これまでのテーマでも話が上がっていましたが、国際協力といっても、海外、とりわけアジアやアフリカの現場で支援活動に携わるだけが国際協力ではありません。僕らのようにNGOで働く立場に就けば、国内で講演活動に携わったり、ファンドレイジングに取り組んだり、事務作業を進めたりするのも、広い意味では国際協力に含まれます。

この続きをみるには

この続き:1,994文字

vol.11-3 国際協力の関心分野や専門分野、どうやって絞ればいいの?(原)

原貫太

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリーランス国際協力師原貫太の挑戦を応援してください! サポートしていただけるとウガンダでの活動がスムーズに進みます。アフリカ大陸から御礼を伝えます。 投げ銭感覚で構いません。これからも面白い記事をお届けできるよう頑張りますので、ぜひともご協力をお願いします!

励みになります!アポヨ!(ありがとう!)
2

原貫太

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。