自分のこと、特別だと思ってない?

最近、友人から
私へ急に投げかけられた
ふいうちの言葉。

「自分のこと、特別だと思ってない…?」

「…」

もう何年も仲のいい優しい友人が
普段は絶対口にしないような
こんな風な言葉を
私に、ぶつけてきてくれて
すごくびっくりしました。

私が
普段から思っている
日記に書いてきたようなこと
やりたいことを
初めて正直に打ち明けた夜
こう言われてしまったのでした。


これを言われたとき

私は
実際、何を思っていたかというと


あー、

きたきたきた…

きたか…

これだ…

って思いました。

それと、後から

本谷有希子さんの本を
読んでいて本当に本当に
よかったなと思いました。

私に本谷さんという1人の表現者を
教えてくれた人に
感謝の気持ちが湧いてくるし、
本谷さんの本を読んだときに
感じた若かった私の心は
今の私を強くしてくれるための
お守りになっていたことに気づきました。


私は、この友人からの質問は
世の中の多くの人の悩みにつながっていると思います。

あなたは
特別な存在だ。

って言われたい。

みんな、言われたいんですよ、本当は。

でも身近に
それを言う人が
いない。

私が言おう。

「あなたは、特別です」

このことを
私は詩で表現していきたいと
今までずっと
思いつづけていて
実際にやってみてたことも
思い出していました。

私自身のことを
本当にそう思っていないと
伝わらないと信じているから
ひるんではいけません。



でも、友人に
実際、聞かれたとき
うまく言葉にできない自分がいて
何も言えず、悔しくて泣きました。

何をどんな風に
どうしたら、私の言いたいことって
伝わるのかな…。


自分の価値は自分で決めていい。
https://note.mu/kaorin926/n/n95b6f34c08d0

私は以前から、
ずっとそう唱えているのですが
本当に今でもそう思っています。

でもなかなか表現しきれない。

一瞬でもいいから
詩でもいいから
頭で理解するんじゃなくて
そう心で、実感してほしい。

孤独をテーマに
作品を作ってますが
根底には、そういった思いがあります。

単純に
自己評価が低い、高いの話ではなくて。

私たちは
たった
1人です。

この世に生まれてくることができた
たった1人の存在。

たった1つの人生。

完全無欠のオリジナルです。

それだけで
特別です。

機械で
大量生産。

…できません。

それがどんなにすごいことなのか
現代人は、すっかり忘れてしまっている…!

私は
虫の中で特に
バッタやカマキリが好きで
もし見つけたら
手のひらにのせて
その小さな、細い体に宿る
命の不思議に
すごく感動してしまいます。


この命がもし消えてしまえば
どんなに優秀な人間、神様でも
生き返らせることは
不可能です。


小さい頃は
そんなこと考えたことなくて
1人でいるときに
田舎道の大きな蜘蛛の巣を見つけたら
その辺で見つけた葉っぱや虫(バッタだったかも)を蜘蛛の巣にめがけて投げ込んで、蜘蛛の巣に引っかかればすこし楽しく、蜘蛛の巣をさらに壊して遊んでいる残酷な面もありました。

人間は、残酷な生き物だけど
それを後悔し、あらためることができるのも
また人間だけなのかもしれません。

私は、いつか、母になったら
あなたは、特別な人なのだと
教えてあげたい。

あなたが生きていることが
それだけでどんなに素晴らしくて
尊いのか。

そして誰しもがそうなのだと
教えてあげたい。

それを忘れずに生きていきなさいと
教えたい。


私は、たまに、現代が嫌いになります。

そんなとき、私は、すごく孤独です。

「社会」の中でいる自分を少し
横に置いといて、

私っていう1人の人間。

生き物。

でありたいけど

現代では、その願望が
高らかに言われることはないような気がします。

私は、愛する人と

お互いを尊重しあって

あなたは、私にとって
もっともっともっと特別な存在なのだと

お互いに確認しあって

その命の存在を確かめあって

ある日突然、世界が始まったことを

いまを生きていることを

ただただ喜びあいたいです。

そこまで、友人に言えなかったな。

難しいね。。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

100円から大歓迎です。支援頂けると助かります。

ご贔屓にしていただき、誠にありがとうございます😊
103

文坂ノエ

すぐ崇めちゃってゴメンね日記2

文坂ノエは、この先、どうなっていくんでしょうか。誰にもわかりません。誰にも止められません。
1つのマガジンに含まれています

コメント12件

言われてから、言われたから、考えて、はっきり言語化できて自分に芯が通る。敢えて言う友達を私は「真実を告げる友人」と呼びます。いっつも、反論思いつくころにはもう、反論のタイミング逃しちゃってんだよなぁ。悔しいけど、助かる。
こんにちは世界 様「特別」を自分の中に抱え続けている人は、時に苦しいだろうと思います。誰かにもう捨ててしまえと言われても、私にとっては、なかなか捨てられないものの一つです。友人もそういった気持ちを抱えて生きているからこそ、この「問いかけ」が出たのだと今なら、こうやって言語化できるのですが…。こんにちは世界様のように「助かる」と受け取れるまでには、私の場合、時間がかかると思いますね。この日は、どんなに仲の良い友人でも会話では、うまく伝えられないことがあるのだと、やっと気づいた日でした。何が真実かはわからないけれど、信頼している、信頼されている友人の「問いかけ」には、真摯に答えたいものです。いつか私の本で、私なりに表現した「答え」を彼女へ差し出せたらいいなと思っています。
caramelaucafe様そうですね。その場で伝えてあげられるのが1番いいかなと思います。私は、この記事を発表した頃から勘違いし始めて危険な道を歩んでいますね。なかなか楽しいですけれど。誰かに言いたかったけど、うまく言えないままこうやってひたすら、言葉になんとかしていくみたいな、おそらくその「痛いこと」の繰り返しでして。なんともお恥ずかしいですが、まぁ、これも人生。いつかこの話の続きが書けたら、いいなぁと思っています。コメントありがとうございました。
はじめまして。 自分にとって、自分自身は特別に決まっているじゃないですか。 自分にとって自分はひとりしかいないんですから。 空気のように意識しないけど、空気のように大事で大切な存在だ、と思います。(^▽^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。