西尾佳織ソロ企画「2020」

 5歳から11歳まで、マレーシアのクアラルンプールに住んでいた。その5年半は、私という人間がこさえられるのにかなり影響したと思う。そういうとても私的なところから、作品をつくってみたいと思った。子供の生きた一日一日という目盛から、国とか歴史とかいうものを見られまいか。

 自分の話をしたいわけではなく、自分なんてものがどこまで「どうでもいい、どっちでもいい」になれるのか、つまり、作品として現われるものの由来が誰にあろうと、本当だろうと嘘だろうと「どうでもいい、どっちでもいい」となるのが作品(フィクション、物語)をつくるってことなんじゃないかと思っているのだった。「当事者性」という言葉の指す範囲を引き延ばしたり、パタンと裏返したり、ウニャウニャ揺すったりするうちに、「当事者性」という言葉に感じるカクカク切り分けて分断してくる感じや、不適切を恐れて言葉や振る舞いをつい飲み込むに至らされてしまう感じ(いえ、人のせいにするわけじゃないんですが)を無効化してやりてえ、という気もある。

 プライベートな内容を本人が演じるところから始めて、次にそれを俳優に手渡したときに、一体何が保存され、何は変質あるいは脱落し、何が新たに生み出されるのだろうか。という実験です。


◆トーキョーワンダーサイト公演 <OPEN SITE 2016-2017

【作・演出・出演】西尾佳織

【日時】2016年12月22日(木)~25日(日)

12/22(木)19:30

12/23(金)15:00、19:30

12/24(土)15:00、19:30

12/25(日)14:00

※開場は開演の30分前


【チケット】2,000円

ご予約方法:氏名、電話番号、ご希望の公演名(西尾佳織「2020」)、日時、チケット枚数をご記載の上、件名を「オープンサイト申込み」として、トーキョーワンダーサイト E-mail : ticket@tokyo-ws.org までお申込みください。(当日精算)


【会場】トーキョーワンダーサイト本郷

東京都文京区本郷2-4-16 MAP

アクセス:御茶ノ水駅(JR/東京メトロ丸の内線)、水道橋駅(JR/都営三田線)、本郷三丁目駅(東京メトロ丸の内線/都営大江戸線)より徒歩7分


主催:公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト

助成:公益財団法人セゾン文化財団

協力:鳥公園

宣伝美術:山田沙奈恵

------------------------

【今後の公演】

◆ミソゲキ公演

2016年12月29日(木)~12月31日(土)

出演:西尾佳織

会場:ナンジャーレ(愛知県名古屋市中村区亀島2-26-5キジビル4階)

「ミソゲキ」は20分の短編×4団体が見られるオムニバス形式のイベントです。「2020」はC組に参加しています。ご予約はこちらから


◆下北沢公演 <若手演出家コンクール2015最優秀賞受賞記念公演>

2017年3月9日(木)~3月12日(日)

出演:根本大介、野津あおい(サンプル)、葉丸あすか(柿喰う客)

会場:下北沢「劇」小劇場(東京都世田谷区北沢2‐6‐6)

3人の俳優さんに、一人芝居×3本立てという形で上演してもらいます。チケットは1月に発売予定です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

kaorinishio

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。