kaoriakiyama

日々悶々しております。

口を吸うという表現

「恋人がいる」という事実は日々の生活に彩りを与えた。 仕事は楽しいが、それとはまた違う楽しさである。 まず、職場の人と恋バナというものができるという幸せ。なるほど...

28歳、彼氏ができる

自分で書いていて薄っぺらい人生だな。と思うがそのまま書き進める。 29歳になる前に、人生初めての彼氏ができた。現在の旦那様である。 それは、とある読書好きサーク...

処女、28になって今更あがく

彼氏が欲しい。 そう切実に感じたのは仕事に余裕ができたからか。それとも両親から結婚・結婚とうるさかったからか。 とにかく彼氏が欲しい。結婚相手でもいい。 そこから...

書店員時代

金融機関を退職し、ニート生活をまったりと楽しんだ後、私が見つけた職は本屋だった。たまたま中途採用の求人があり、スルッと入社した。 本屋と言っても、本・雑貨・ゲー...

ニート。

少し遠のいていましたが、続き書いてゆきます。 金融機関をあっさりと退職し、一人旅を3か月ほどして、やっと気持ちが落ち着き実家に戻った。 会社員時代に「自分がやらね...

いきなり社畜

大学を卒業し、私は金融機関の営業として働くことになった。 全国展開している店舗だったため、私は自宅から通える店舗への配属となった。 初めは資格の取得を2か月。本社...