見出し画像

【季節のお便り】立冬(二十四節気)

2018年の立冬は11/7から11/21まで

毎年ごとに少々異なりますが、2018年の立冬は11/7となります。今年は北海道の初雪観測が遅れて、例年にない暖かさとか。
東京では日中まだまだ暖かい日々も多く、冬の寒さとは言えないものの、いつの間にか早くなっている夕暮れに、晩秋から初冬へと、音もなく移ろいゆく季節の流れを感じられるようになりました。お近くのご様子はいかがでしょうか。

立冬とは

「冬が立つ」と書いて「立冬(りっとう)」と読みます。冬の始まりを表す暦の言葉です。暦の上では、もう冬が訪れています。

月日が過ぎるのはあっという間、今年の残り少なくなった日々も大事に過ごしたいですね。

立冬の内にある七十二候

山茶始開(つばきはじめてひらく)11/7-11/11頃
「つばき」と読みますが、ここでは漢字と同じく山茶花(さざんか)の花のことを意味しています。確かに椿と山茶花は似ているところがありますね。
地始凍(ちはじめてこおる)11/12-16頃
次第に深まり冬の寒さに、地面が冷たく凍り始める様子を表しています。地域によりますが、霜柱などが見え始める頃でもあります。
金盞香(きんせんかさく)11/17-11/21頃
読みは「きんせんか」とは言いながら、実は水仙の花のことを指しています。先ほどの山茶花もそうですが、中国から日本に伝わる際に、似た特徴を持つ別のものと訳されているものが多いようです。

そういえば以前、某家旧蔵の名香・蘭奢待を見せて頂いたことがあるのですが、その箱の蓋にも、水仙の花が書かれていました。芳しく気品のある花で、洋の東西を問わず人気がある素敵な花です。

晩秋の紅葉を惜しみつつ、芳しき冬の花々も楽しみに。

それではまた次回。
今日も良い一日になりますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご高覧ありがとうございます!頂いたサポートは、お香(香道)に関する活動や調査・文献資料等、お香に活かせる経験知識を提供してくれる職人・クリエイターへのサポートに用います。

Thanks!
11

madoka(香人)

香人。香道研究家。東京を拠点に訪日外国政府要人や美術関係者・文化人、職人向け香会の香元、香道レクチャー、異分野コラボ等。年に1〜2回、初心者歓迎・正座なしの本格的な香道体験会を開催。 E-mail:kohdo@hotmail.com Twitter:@madoka_kohdo

【季節のお便り】二十四節気の香りで四季を楽しむ

忙しい日常の中でも季節の移ろいを楽しむための無料マガジン。 古くから用いられる季節の暦、二十四節気と七十二候に合わせて、季節ごとのお手紙が届きます。香人によるお香(香道)ならではの視点や雑学もあり。四季の行事や節句などに合わせた号外も時々発行します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。