人間

今日久々に、すごい量の人間と会った。

私は(ご存知の方も多いだろうが)親と医者としか顔を合わせない毎日を送っている。
「特定の」人と会うことはほとんどない。
ジムにいつもいるおじいちゃんとか、習っているドイツ語の先生とかは例外として、いわゆる「会いたいから会う人間」がいない。

今日、note酒場昼の部と夜の部の間にもイベントが企画されており、昼の部だけ出るつもりだった私はなんとなく流れで行った(連れて行ってもらった。ありがとうございました)のであるが、登壇者の方のお話でとても印象に残った言葉があった。

引きこもりだったけれど、どんな人間でも1人になると誰かに会いたくなる。

正確な文言は覚えていない(ごめんなさい)。
でも、私の今の状態はまさにそれだったのだ。

私は1人が好き。1人で本を読むのが好き、1人でフルートを吹くのが好き、1人でドイツ語の単語を延々と覚えるのが好き。

でも、誰かに会いたくなる。

会いたい、と言ったら会える誰かがほしくなる。
LINEがあるこのご時世、贅沢かもしれないけれど、私はその「ひと」に「会いたい」。

それが所謂「友達」なのだろうなと、薄々気づいていた。

わたしには友達が(ほとんど)いないから。

事実から目を背けていたけれど、もう背けているわけにはいかないなと思った。

わたしは友達がほしい。


私は人並みになりたかったのだった、小中高大ずっと。人生ドロップアウトして、それでも諦めきれないのだった。

進学するたびにいじめられるし、周りの人たちは私のことを負の感情のゴミ箱にするし、家庭はどうかしてるし、
どうしてこうなのだろう?

でも今日会った人たちは、みんなちゃんと「人間」で、暖かかった。
直接触れたわけではないけれど、人間って体温があるんだよな、生き物なんだよな、と思った。

生きている生身の人間に、個人対個人として関わるのが久しぶりすぎて忘れていた。人間は、生き物で、暖かかった。


今日の私は人間だった?
今日の私はちゃんと体温があった?

ちょっと自信がない。

#人間
#note酒場
#友達
#人間関係
#イベント

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21

コメント2件

佳織さん、昨日はありがとうございました。
勇気を持って声かけてくれたんですよね。嬉しかったです。中休み企画、一緒に行こうと言ったのに途中からないがしろにしてごめんなさい。夜も姿が一瞬見えたのでいろんな方にZINE配れたのかなと想像していました。多くの方と話されて疲れたと思います。でもnoteの、少なくとも僕が仲良くさせていただいている人はみんなあったかいです。これだけは信じてほしい。佳織さんのできる範囲で、ゆるくていいからアカウント削除せずに続けてほしいなって思っています。今度ゆっくりお話しましょう。ZINE読んだら感想を送ります。また会えますように。
よもぎさん ありがとうございます。よもぎさんが中休み企画誘ってくださったおかげで、また沢山の素敵な方々にお会いすることができました。よもぎさんに直接感謝をお伝えするのが遅れてごめんなさい。
よもぎさんが事前に「会いましょう」と言ってくださったおかげで、どれほど楽になれたかわかりません。
またゆっくりお話しましょう。また、の言葉が嬉しいです。
では、また改めて🌸
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。