自分を大切にするごはんを食べてほしい

今日は「Nサロン」の、『家庭料理の新デザイン』のゼミ第1回目。
全3回のゼミのために、昨年から考え続けてきた内容を講義する。ピースオブケイクの平野太一さんに強力にアシストしてもらった。2回目のワークショップは、ワークショップ・デザイナーの臼井隆志さんに相談している。

他のNサロンのゼミがどうかはわからないのだけれど、このゼミは、私が講師としてみんなに「すでにある何か」を教えるタイプのものとは少し違う。料理の技術が学べるわけではないし、逆に手の抜き方を教えるのでもない。「今はない何か」を考え、実行していく仕立てになっている。

「それぞれにとって幸せな食事ができるよう、自己決定できるようになること」がこのゼミの目標だ。料理(調理)はある人にとって、そのための手段になるかもしれない。ただし少なくとも文章が上手に書けるように「料理ができるようになる」ことは、目指していない。(まあ、そうなった方がいいとは思うし多少のtipsは雑談的に入るだろうけれど)

説明が難しいのは、このテーマには数値で測れるような、あるいは人に褒められるようなゴールが設定しにくいという点だ。でもそれが家庭(あるいは個人)というものの本質だからだと思っているし、みんなが次の時代の大きなテーマだと感じている『多様性』にもつながるものと信じている。

日々スープを作り、レシピを発信しながら、今の人たちの食生活は相当豊かなのに、それを感じられていないのはなぜかなと思ってきた。贅沢な食事や栄養がパーフェクトな食事もいいが、日々の自分(あるいは家族)の体や心に合わせて食べられるようになれば、もっと幸せを感じられるはず。
ごはんをちゃんと食べるということは、どんなことよりも自分を大切にする行為だ。その「ちゃんと」を忙しい現代の生活でもうまくできるように、デザインしなおしていきたい。

こちらが最初のNサロンリリースされたときのnoteです。先日のガイダンスでは、おかげさまで参加者ひとりひとりの表情を見ることができた。ふだん私のイベントに来ないようなタイプの人がたくさんいて、わくわくする。

今はまだ何も約束ができない(調理実習のときに出す私のスープ以外は)。でも、もしこのゼミで新しい何かが生まれたと思えたら、それはきっと自分だけでなく、みんなの役立つものになるはず。

今日、お目にかかるのを楽しみにしています。(参加されない人も、1回目は動画配信で見ていただけるそうです)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。 がんばるみんなの毎日を支えるスープと、くらしの形を作っています。サポートをいただけたら、だし昆布を買います。

スープ、大好き。
155

有賀 薫

スープ作家。365日毎朝スープ。家庭料理を仕組みから変えて、気持ちよく食べる暮らしをめざしています。cakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722

新しいカテイカ

「新しいカテイカ」は、もっと生きやすい家事へシフトする家庭運営プロジェクト。家事を考えるコラムやイベントレポートを発信します。 https://note.mu/atarashiikateika
7つ のマガジンに含まれています

コメント4件

私は四年前に摂食障害になり、いまだに心から食事を楽しめないことがあります。大好きなものが怖くてたまらなくなりました。(摂食障害にならずとも、色んなことが言われるようになった今、心の底から純粋に食べ物と向き合える人は少ないのかもしれません。)
そんな私だからこそ、このnoteのタイトルにとてもとても惹かれました。そうできたらいいなぁと心から思います。素敵な思いで行動されている様がよく伝わり、感動しました。ありがとうございます。行けたらいいな。
初めまして。最近…料理は好きなのに、加齢と共に料理が嫌になり、何も作りたく無くなって、やがて食べる事も嫌になってしまい困っていました。そして気がついた事は、ずっと人の為にご飯を作り続けて来たけど、これからは自分のために自分が疲れをとったり癒されたりする物を作ろう…と思うようになり、また作れるようになりました。元気になるはずのご飯で疲れ果ててる自分が悲しかったです。楽に好きで疲れない物を作ろうと思いました。日々の身体や心に合わせて作る…という文章に、妙に納得して読みました。
ゆききさん、読んでくださりありがとうございます。ご指摘のように、食事を心から楽しめない人は少なくありません。非常にシンプルな事実として、コンビニのおにぎりひとつ、立ち食いのかけそば一杯でも、空腹のときに食べればおいしく幸せなものです。現代人の不幸は、空腹を感じられなくなってしまったことなのかなとも思うことがあります。
摂食障害は私のような者が、簡単に解決法をお伝えできるものではないと考えています。それでも、食の話をしたい気持ちになったときには、気軽にお声がけくださいね。
ichigoさん、私もそうなんですが、ごはんを作る人にとっては、作る>食べる、になってしまうことがあるんですよね…。自分のことも大事にしないといけないと、無理にでも思いこむことは大事です。また作れるようになったと読んで、安心しました。もちろん、家族がいれば自由にばかりはなりません。我慢もあると思います。その中で自分が楽しく食べられるやり方を、見つけていきたいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。