見出し画像

コーンスープと湯気と夜22時

みんなが大好きな、粒たっぷりコーンポタージュ。とうもろこしのポタージュは、かなり手間ひまかけないとなめらかにならないんですが……

種を明かすと、この写真のスープはクノールのカップスープに缶詰コーンを汁気を切って加えただけ。お湯を注げば簡単おいしいカップスープですが、コーン増し増しでなんとも言えない贅沢感。

かぼちゃやほうれんそう、何でもできます。コーンならコーン、かぼちゃならかぼちゃ、スープと同じ味の野菜を入れるのが失敗しないコツです。メーカーはその具材に合わせた味をちゃんと設計しているからです。

かぼちゃポタージュ×冷凍かぼちゃ

ほうれんそうポタージュ×冷凍ほうれんそう

この「追い野菜カップスープ」は、働く女性たちを対象にしたイベントをやったときに生まれたアイデアです。

最初は不足しがちな野菜のたっぷりとれるスープを教えるつもりでした。でも事前にとったアンケートを読んで「22時に帰宅。朝も早い。もう疲れて作る気力も体力もない…」という人に、野菜を一から刻んで作れとは言えませんでした。

とはいえ、ちゃんと食べることが疲労回復につながるのは事実です。なるべく簡単に栄養やカロリーを取れる方法は…?

コンビニの肉まんやパスタ、袋菓子。インスタント食品やスナック菓子は忙しい人の食に入り込んでいます。だからこそ、それを否定するのではなく、ちょっとプラスして、栄養がとれたらと考えました。

家の食に求められるのは「正しさ」より「心地よさ」です。家庭料理でもときにおいしさが正しさのように捉えられることがあるけれど、それは、おいしさが心地よさにつながり、結果的に続けられるからで、求道的においしさを追うのとはちょっと違います。毎日作って食べるには「無理なくできる」「継続的にできる」ことが必須です。

栄養の観点からは、なるべく手作りを心がけたいもの。でも私もイベントで夜遅く帰った日に、こんなスープを食べることがあります。働く人たちが自分で作って食べるとは、ときにそういうこと。料理のプロでも、きちんと食事を作り続けるのはたいへんなのです。

不思議なことに、カップスープにちょっと野菜を入れるだけで(それが冷凍や缶詰野菜でも)すごく手作り感が出ます。塩分が薄まるせいかな。
遅い時間に帰っても、ちょっとおなかに入れれば体も心も落ち着いてぐっすり眠れます。写真はクラムチャウダー×コーン。ぜひお試しください。

(3月25日付記)
Twitter味の素パークのアカウント @AJINOMOTOPARK で、モーメントにまとめていただきました!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。 がんばるみんなの毎日を支えるスープと、くらしの形を作っています。サポートをいただけたら、だし昆布を買います。

スープの世界へようこそ。
219

有賀 薫

スープ作家。365日毎朝スープを作っています。かんたんで心地よいスープでめざそう、ウェルビーイング。cakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722

新しいカテイカ

「新しいカテイカ」は、もっと生きやすい家事へシフトする家庭運営プロジェクト。家事を考えるコラムやイベントレポートを発信します。 https://note.mu/atarashiikateika
3つ のマガジンに含まれています

コメント5件

翠乃さん、手軽で満足感が高いです!
「正しさ」より「心地よさ」のところに、深くうなずきました。
阿古さん、ありがとうございます!その一方で、確かに調理上の正しさというのは存在するので、伝える側としてはそこが悩ましいのです。間違った情報や、いい加減な情報ばかりが拡散されていくと、それはそれでみんなの食の質が下がってしまいますしねー。
家庭料理の難しさって、教科書通りじゃなくていい一方で、健康管理も含めるところで、それには正しい調理法・食材選びなども必要だというアンビバレンツなところですよね、今度そういう話を書いてみてはいかがでしょうか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。