家はレストランじゃないと週に一回ぐらいは言い聞かせよう、自分に。

先日noteでこんな記事を読んだ。

子育てて精神的に一番キツいのは「(赤ん坊が)食べない」ことではないか、という問いかけの中で、

離乳食は、情報を集める、調理する、生活に組み込む、といった「親の判断、工夫」が入り込む余地があるがために、「食べない=親の努力が足りていない」という判断をされがちだった。

この、「食べない=努力が足りていない」という部分については、決して離乳食にかぎらないことかなと思ったので、少し書いてみる。(子育ての話からはちょっと離れますが)

一生懸命作った料理が、家族に全く興味を持たれず大量に残って落ち込むことは、家庭料理あるあるだ。
知り合いの主婦たちはよく「(家族が)食べてくれないのよね」という。私はこの言い方にいつもひっかかる。毎日のごはんは「食べてもらう」ものなのだろうか?

食べる量や味の好みはとても個人的なものだ。家族だからといって合わせられないし、「この味が標準だから納得してね」みたいなことでは納得できない。

これが店だったら、味が合わなければ客は二度と訪れないだろう。それは双方にとってある意味幸せなことだ。合わなかったね、これでおしまい。
でも、家族はそうじゃない。味の好みが合わなくても、食べさせる相手は変えられないし、食べさせてもらう相手も(自分で料理をやる以外に)変えられない。関係は固定化され、その輪はきわめて小さい。

家族が残したり不満を言ったりするのは、出てきた料理がおいしくないからではなく、単に「味がわからない人たち」だからかもしれない。そんなとき、味のわからない方へ合わせていくというのも妙な話なのだが、多くの主婦はそうしてしまいがちだ。

なぜなら、愛情が料理のおいしさをカバーすると思っているから。そして「自分の努力がまだ足りない」という呪いを自分にかけてしまうから。この二つが重なると、思い込みにがっちり外せないロックがかかる。

元の形がわからないほど真っ黒に焦げているとか、塩小さじ1をカップ1とまちがってしまったような料理は別として、努力や料理の腕と、家族の満足度は、それほど関係ない。出来合いの調味料でチャチャっと作った料理を夫や子供たちが大喜びで食べるようなこともよくある。

家族を責めると家庭内はトゲトゲするし、自分を責めても辛い。家族の食欲にまで責任を感じるような真面目な人にとって必要なのは、ごはんを作るというミッションを遂行しながらも、自分の能力や家族の好みについては、どこかで「あきらめる」「切り離す」という、気の持ちようを変える作業だと思う。

料理自体は本来楽しいものだから好きでやるのも、家族に食べさせるためにはりきるのもいい。でもそれはあくまで、おまけ。
家はレストランじゃない、ときどき口にしてみると効果的だ。

まあ、おいしいものを食べさせたい!という気持ちもわからないではないので、そのうち家族が喜んで食べる食卓のワザなんかも、紹介したい。

+ ++

書き終わってから思い出したけど、うちの夫から「おいしい嫌いなものより、まずい好きなものが食べたい」という名言(迷言?)が出たことがある。妻である私が翻訳するなら「おいしい筑前煮より、まずいカレーがいい」ってことだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。 がんばるみんなの毎日を支えるスープと、くらしの形を作っています。サポートをいただけたら、だし昆布を買います。

スープ食べてく?
206

有賀 薫

新しいカテイカ

「新しいカテイカ」は、もっと生きやすい家事へシフトする家庭運営プロジェクト。家事を考えるコラムやイベントレポートを発信します。 https://note.mu/atarashiikateika
2つのマガジンに含まれています

コメント4件

ずっと頷きながら読ませていただきました…!
努力と結果が必ずしも結び付かないと自分を許すことが、楽しい生活のヒントなのですね。

素晴らしい文章をありがとうございます!
瀧波さん、こちらこそ、書くきっかけを与えてくださってありがとうございます。赤ちゃんが食べないことは母親のもっとも大きなストレスだという視点、鋭いと感じました。また、瀧波さんの感情に流され過ぎないフラットな目線も魅力でした。
会社のように目標達成や成果確認がしにくい家事において、問題の切り分けは、非常に大きなテーマだと感じています。新しいカテイカでも、掘り下げていきたい話のひとつです。
ゲスな事を書きます!毎日、自分以外の人にまで料理を作るのは辛いかもしれないが?
たまに料理を振る舞う事の快感は感じます!金を稼いでいた頃デリヘルの女の子を呼ぶと依り過激なサービスを口説き落とす為に手料理を振る舞う事を始めたら?!その料理を振る舞うこと自体が夜のサービスと同等クラスの快感を感じる事が判った程だった!
その時の話は私小説としてマガジン『エロテック小説』に載せています!https://note.mu/michizane/m/mca4b4a867101
「美味しい筑前煮よりも不味いカレー」をリクエストされるあたりに強く頷いてしまいました。
結果「不味いカレーやハンバーグ」を作り続ける自分に嫌気が差して、結婚してから料理が楽しくなくなってしまったので……
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。