見出し画像

速い脳と遅い脳

一言でいうと

脳には「速く反応する脳」と「遅く反応する脳」がある

活用シーン

自己矛盾・メタ認知

内容

今回も被験者はあなたです。
以下の単語を、左欄→右欄の順で上から順に、
それぞれの単語が「太字か細字か」を声に出していってください。

次に同じ順序で、それぞれの単語が真ん中より左に書かれているか、右に書かれているかを声に出していってください。左に書かれているときは「左」、右のときは「右」と言います。

太字と細字を言い分ける実験では、左欄がやさしく右欄は難しい。
右欄になると、スピードが遅くなり、使えたり口ごもったことだろう。
右か左かを識別する実験では、左欄が難しく、右欄ははるかに簡単である。
『ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?』
ダニエル・カーネマン (著),

この実験でわかる通り、人の脳には
素早く反応する脳(システム1)と、
じっくり考える脳(システム2)が存在します。

一般的に無意識レベルでパターン化されたことを司るのがシステム1。
たとえば、「1+1=」という問題は、システム1が対処します。
一方で、
「13×76=」
といった少し考えなければならない問題は、システム2にバトンタッチされます。


さて私たちは、多くの場合なんとかシステム1で乗り切ろうとする傾向があるようです。こいつが便利であり厄介。じつはシステム1というのは論理的ではないのです。マスコミが恐怖をあおる報道をして、即座に「怖い世の中になったなー」と語るのはシステム1の行動です。

そしてシステム1は、どうも私たちの意思が反映されていないようです。
単なる反射的な活動だからです。
するといつも同じ反応を繰り返すから、いつも同じ問題を引き起こす、という一面もありそうです。

そんなシステム1&2について、本日よりしばらくの間は探求していきたいと思います。




こんな本、出版しました。

楽天はこちら。

https://a.r10.to/hlNzwn



心理実験集めたマガジンです。
よかったらフォローしていただけると嬉しいです。
無料です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、日本の二代目経営者のこれからの活躍を支援するために使わせていただきます。

今日が良い日でありますように(^^)/
9

田村薫

父の会社を継いだ二代目社長。 同じ境遇の人たちが身体を壊し親の会社を辞める事例を見た。 原因は親子の確執。原因を解明し、二代目専用コミュニティを通じて、中小企業の二代目が活躍できる状態を目指して活動中。 著書『親の会社を継ぐ技術』https://amzn.to/2JzrqcT

心理学・脳科学の実験や知見をご紹介

使える心理学・脳科学の知識を集めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。