見出し画像

ザイアンスの法則はモノや写真でも有効

一言でいうと

人はなじみのあるものが「好き」

活用シーン

営業、販売、マーケティング、人間関係、恋愛

内容

1960年代心理学者ロバート・ザイアンスの実験

・意味のない言葉、
・でたらめの形
・漢字に似た文字

等を実験参加者たちに見せてどれが好きかを答えさせた。
結果は何度実験を繰り返しても同じ結果が得られた。

人々は言葉でも変な形でも、一番目にする機会が多かったものを選ぶ。
単に一番多く見せられたものを好きだと答えた。


『ヒットの設計図――ポケモンGOからトランプ現象まで』デレク トンプソン (著),

本書では例えば、なじみのある動物を好きと感じるとき、進化論的にとらえるとこう言えるのではないか、と言っている。
「もう一度その動物を見る機会があるということは、その動物は自分を殺さなかったから」

なるほど。
太古の昔、人類が一撃必殺の動物に出会っていたら、その動物を二度と目にすることはない。つまり、二度目にできるというのは、自分にとって安全(と言い切れるかどうかは怪しいが)であると言えそうです。


ところで、「ザイアンスの法則」「単純接触効果」というのはビジネスの世界ではけっこう有名ですね。営業において、相手に好かれるためには、何度も顔を合わせる工夫をせよ。また、商品が認知され、スキと感じていただくためには、何度も露出せよ、と。

この考え方の基礎を作ったのが、ここでご紹介した実験ということのようです。ちなみに、この効果はこんな実験でも似た結果が出ているようです。

こうやって考えてみると私たちの「嗜好」は、実は案外単純なもののように思えます。たとえば、納豆が食べなれている関東の人にとって、納豆は朝食の必需品でした。しかし、関西においてはその習慣がなく苦手な人が多かったわけです。

ところが、最近は関西でも子供に食べさせる家庭が増えたため、関西人は納豆が苦手、というパターンは崩れつつあります。

それを突破するのは、「納豆がキライ」という思い込みを如何に突破するかでしょうね。人や物の好き嫌いを考えるとき、このザイアンスの法則は頭の片隅においておくと、いろんなアイデアを思いつくこともあるかもしれませんね。


まあ、そんなことで、今日も私の本の表紙画像を皆さんに見ていただこうと思います(笑)

 ↓↓↓

本を出版しました(^^)/

こんな心理実験集めたマガジンです。
よかったらフォローしていただけると嬉しいです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、日本の二代目経営者のこれからの活躍を支援するために使わせていただきます。

今日が良い日でありますように(^^)/
3

田村薫

父の会社を継いだ二代目社長。 同じ境遇の人たちが身体を壊し親の会社を辞める事例を見た。 原因は親子の確執。原因を解明し、二代目専用コミュニティを通じて、中小企業の二代目が活躍できる状態を目指して活動中。 著書『親の会社を継ぐ技術』https://amzn.to/2JzrqcT

心理学・脳科学の実験や知見をご紹介

使える心理学・脳科学の知識を集めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。