見出し画像

中小企業の後継者が「会社を辞めたい」という気持ちから逃れる方法

「なぜ、自分はこんな境遇に生まれてしまったのか?」

そうやって肩を落とす人を多く見てきた。
中小企業の二代目、三代目・・・
つまり、親を経営者に持つ子供という立場の人間だ。

周囲の人は、きっと彼らをうらやむだろう。
・親もとで働くなんて、楽できるんだろうなぁ
・将来の社長か、いいなぁ
・きっとたくさん給料もらえるんだろうなぁ
・悩みなんて何にもないんだろうなぁ
当事者からすると、とんでもない話だ。

僕らは入社のころから重い何かを背負っている。
それは自分の将来だけではなくって、
・会社のこと、
・社員のこと、
・家族のこと、
たくさんのことから逃れられない。

しだいに、普通の会社に、普通に就職した友をうらやむようになる。
なぜなら、僕らには居場所がないからだ。
世間は自分たちのことを分かってくれない。
社員は自分と見えない境界を作る。
社会では社長の息子として普通にみられることはないし、
社長はと言えば、いつも僕らを否定する。

そして「会社なんかなくなればいいのに」なんて、
いじめられっ子のような思考回路に陥るか、
もう親の会社は辞めたい、という悲壮感しか漂わなくなる。
原因は・・・と聞かれれば、自分の能力が足りないから、と答えざるを得ない。

それでも、やっぱり釈然としない。
怒りの矛先は親や、自分の境遇に向かう。
こうなったらもう負のスパイラル。
親が悪い、だから親を変えようとする。
すると親は反撃に出て、自分は又窮地に追い込まれる。
そして「やっぱりこんな会社辞めてやる」、と
同じ円をぐるぐる回ることになってしまう。

僕は長年、そこから抜け出す方法を考え続けてきた。
自分のことでもあるのだけれど、同じ悩みを持つ人は多いと感じたから。
ならば、その人たちの助けになる、それなりのノウハウを語れるようになりたい、と考えた。

会社の売り上げに貢献出来たら負のスパイラルから抜けられるのだろうか?
親を会社から追い出せば、少しは気も晴れるのだろうか?
自分の言う通り社内が動けばそれでいいのだろうか?

僕の見立てでは、すべてNOだ。
ならば、どうすればいいのだろうか。
比較的シンプルに、自分の居場所を作る方法をお伝えしたい。


【記事購入前に予めご了承ください】
※以下の有料部分の内容の一部はブログ『親と子の心をつなぐ事業承継』にて無料で公開しているものです。断片的に記されているのでいくつかの記事を読みこんでいただく必要がありますが、無料で読みたい場合はこちらをご参照ください。
https://jigyo-shokei.com/

また、ここで書かれた内容を含む形で書籍を出版しました。こちらもご検討ください。



まず、なぜ僕らが「会社を辞めたい」と感じるか。
・親との関係がしんどいとか、
・会社や自分の未来が不安とか、
・不自由な環境だとか、
認識できる理由はいろいろあろうかと思う。
しかしそれは、本当だろうか?

この続きをみるには

この続き:2,808文字

中小企業の後継者が「会社を辞めたい」という気持ちから逃れる方法

田村薫

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、日本の二代目経営者のこれからの活躍を支援するために使わせていただきます。

あなたのスキが私を救ってくれました。
16

田村薫

父の会社を継いだ二代目社長。 同じ境遇の人たちが身体を壊し親の会社を辞める事例を見た。 原因は親子の確執。原因を解明し、二代目専用コミュニティを通じて、中小企業の二代目が活躍できる状態を目指して活動中。 著書『親の会社を継ぐ技術』https://amzn.to/2JzrqcT

有料記事

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。