信頼という依存

おはようございます。

今日はちょっとえぐっていきそうな感じがしているので、マイルドになるように努めます。

「信頼」や「任せる」という言葉がある。一見美しい言葉に聞こえるが、これには大きな落とし穴があると僕は感じている。安易にこれを使うのは、一種の「依存」ではないかと考えているのだ。

「信頼」や「任せる」とセットでよく使われる言葉が「自立」である。相手を一人の人間として尊重する。だからいちいち口出しはしない。仕事の関係はもちろん、親子や恋人の関係にも当てはまるだろう。

ではこの「任せる」や「自立」が成立するのは、どんな関係なのだろうか。

まずどちらかは「自立」していてもう片方はしていないというのは難しい。僕らは人「間」である以上、関係性のなかを生きている。ここに片方のみの成立はありえない。

だがよくありがちなのが「相手に自立してもらいたい」というフレーズだ。仕事なら上司が部下に、親子なら親が子に、ちょっと上から目線の彼氏が彼女に言ってしまいそうな言葉だ。

が、それは間違っている。

「相手が自立していない」と感じたとき、例外なく自分も自立していない。なぜならすでにその時点で、相手に「依存」をしているからだ。相手に「自分でなんとかしてほしい」と願っているというのは「依存」なのである。

ではどう考えればいいのだろうか。一つは自分のみにフォーカスするという考え方だが、これでうまくいくのか。お互いに同じ場所にいるのにも関わらず、それぞれが自分のことだけに集中しているのも危険な気もする。

もう一つの考え方として、自分の中の「依存」を切り離すというのもある。「相手がやってくれるだろう」という期待すら持たないということだ。

つまり、やることを「狭める」のではなく、「拡げる」という考え方だ。

子育てや家事でもそうだ。「役割分担していたのにやってくれない」ということに、エネルギーをとられているようでは前に進まない。お互いに「気がついたらやる」それだけでいいのではないか。

話をまとめる。

「信頼」や「任せる」と言って、役割の線引きをして「狭める」のは違う。なぜならその時点で、相手にやってもらうという「依存」が発生している。

もしあなたが、自分もしくは相手が「自立」していると考えるのであれば、役割の線引きをするべきではない。必要に応じてお互いに役割を「拡げて」やればいい。それが真の「自立」している状態だと、僕は考える。

同じ場所にいる相手に、いろいろと求めてしまうことからの脱却は難しい。だがそれをお互いの役割を決めることで実現することはできない。「信頼」や「任せる」はもっと自然で、こう言うのもなんだが、博愛的な状態だ。

他者との間に線引きをなくしていくことが、誰かと信頼関係を築くということなのではないかと、僕は考えている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートで、本を買います。

ありがとうございます。よい一日を。
20

吉澤 馨

コラム集

いいきるのがコラム
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

あなたは、機能です。あなたがしたいかどうかではなく、あなたがすべきかどうかの方が、よほど大切にすべき基準です。
と、仏教かなにかの本で読んだ時のことを思い出しました。

という、スキです。
私が感じていて言語化できてなかったことをしてくださった感じです。スキ1つでは足りないくらいスキな文です。感謝。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。