カレーごはん(Haruna Kaneko)

92年生まれ。 常夏の女になりたい テレビドラマを真剣に見ると楽しいということを伝えたいです

一話たくさん見ました。(2019年夏クール前半)

2019年夏クール。一話沢山見てます。おすすめ順。

▼フジテレビ木曜22:00『ルパンの娘』

超面白い。シンプルに超面白い。突っ込みどころ満載の世界観、心から愛せます。突然始まるミュージカル、ロミジュリ演出、ぶっとんだ泥棒一族の破天荒っぷり。一歩間違えたらさむ〜いことになりかねない、となかなかな危機感を持って拝見しましたが、少なくとも我が家のテレビ前では(私しかいない)一歩も滑ってない!

もっとみる

丁寧な職場ドラマ『わた定』輝く青春と秘めた苦悩の対比が心に響く『腐女子うっかり』感動に次ぐ感動を連続花火のように咲かせた『いだてん』

春クールの連続ドラマが軒並み最終回を迎えました。10作品ほど1話は通しで見ましたが今回はいまいち関心を寄せられるものが少なく、通しは3作品のみ。でも良いドラマが残ったと感じてます。

▼TBS火曜22:00『わたし、定時で帰ります。』(主演:吉高由里子 脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子)

丁寧に緻密に作られた、今の今ならではのお仕事ドラマ。お仕事キャラクタードラマではなく、働き方の見直しが問われる現

もっとみる

女の強さ(2003年版『白い巨塔』感想)

2003年放送、フジテレビ開局45周年記念ドラマ「白い巨塔」。言わずと知れた名作。山崎豊子による原作小説、1978年放送の田宮二郎主演版の評価の高さを耳にしつつも、92年生まれの私にとって最も身近で強烈にのめりこんだのは唐沢寿明主演版ドラマ。軒並み20%を超える高視聴率を記録し、名作ドラマとして人々の記憶に残ったこの作品の素晴らしさをあぶりだすべく、全21話に通底する「良さ」を数回に分けてあぶりだ

もっとみる

淡々と好きな脇役について(2003年版「白い巨塔」感想)

2003年放送、フジテレビ開局45周年記念ドラマ「白い巨塔」がどうしようもなく好き。山崎豊子による原作小説、1978年放送の田宮二郎主演版の評価の高さを耳にしつつも、92年生まれの私にとって最も身近で強烈にのめりこんだのは唐沢寿明主演版ドラマ。軒並み20%を超える高視聴率を記録し、名作ドラマとして人々の記憶に残ったこの作品の素晴らしさをあぶりだすべく、全21話に通底する「良さ」を数回に分けてあぶり

もっとみる

八重山たびにっき ふつかめ

朝7時起床。空気が真夏だから案外起きられる。眠いけど。民宿の朝ごはんはいつも凄い。撮っていないけど、想像の2倍ある。美味しい。

8時にツアーガイドさんが来てくれる。昨年と同じツアーガイドさん。当分お世話になりたいので、当分西表島に住んでいらしてほしいところ。

東京から見た天気予報は悪くなる予定だったけれど、快晴。ところどころ、突然雨が降っていたりもするけれど、ほぼ快晴。昨日間違えてはいった蟹ス

もっとみる

八重山たびにっき いちにちめ

朝4時、平和島天然温泉で目覚め。お風呂はとても良いのだが、寝るスペースがいまいちでほとんど寝られないまま羽田行シャトルバスへ。東京はまだ寒いので、リゾートなワンピースの下にがっつりズボン履いちゃう。スニーカー。

6時10分の直行便フライト。フライングGWは意外とお仲間が少なめでガラガラの機内。9時過ぎに石垣着。前回食べた石垣空港の八重山そばが美味しかったので今回もリピート。第1八重山そばにありつ

もっとみる