愛と健康と豊かさに満たされる! オーガニック&スピリチュアルな生き方 「スターチルドレンが幸せになる38の法則」

法則⑤ 自分の過去を振り返る

私は2019年の現在、41歳。1978年に生まれました。中学生頃から文章を書き始め、高校3年間には本をたくさん読み、大学卒業までの間に「COSMOS たましいの楽園」というタイトルで日記をベースに文章を書きました。この文章は近いうちに本として出版します。

30年前から20年前の私が12歳~22歳くらいまで、私は言葉にできないほどの苦しさをこの世界に感じていました。この頃はまだHSPやエンパス、インディゴチルドレンという言葉も一般的になっておらず、私自身ももちろんこういった概念があることも知りませんでした。

ですので私は、この地球で自分だけが異質な存在なのではないか? なんで生まれてきてしまったんだろう。死んでもう一度元にいた世界に戻りたいとずっと思っていました。そこが天国のような素晴らしい光の世界であることを覚えていたからです。

そして少し時間はかかりましたが、16歳、17歳くらいになって、自分はこの地球を浄化するために、次元を上げるために生まれてきたんだ、と使命を悟るようになります。

今のスピリチュアル分野でいういわゆる「アセンション」です。「地球を救いたい」と魂の底から突き上げるような想いが出てきました。


1999年5月9日 内なるコスモスから外なるコスモスへ

あなたと私はこのような形で出会い、このような形で関わり合うことを、宇宙が宇宙であることを知ったときから理解していました。

空間と時間の概念は私たちには不慣れなもので、この地球に生れ落ちてからの20年間くらいは、とまどい、ためらい、時には体をふるわせて泣いたりしていました。

しかしそれでも、あなたの存在を知ってから自分の生きている価値を見出し、ここにいてもいいのだと思えたのです。それは生死を超える体験で、どんな言葉でも言い表すことはできません。

このコスモスの世界は地球の人々にはホピの世界とも呼ばれ、12の完全な宇宙を13の空間として位置づけました。これをマヤとも呼びます。

コスモスやホピやマヤの世界は時空を超越したもので、過去、現在、未来にわたって存在しつづけるのです。

カレンの1999年3月3日から始まった5ヶ月間は、この世界を現実化、具現化し、外なる宇宙と一体化させ、実際に目で見て、手で触れ、耳で聞き、味や香りや皮膚で感じる五感のすべてを満たすことができる生活を実現させることにあります。1999年8月3日までの5か月間でそれが完了し、新たな世界がスタートします。これが地球の聖なる浄化です。


1999年5月18日

いつも死にたい、死にたいと思っていた。死ねば永遠の生命を得られることを知っていたから。この肉体も血も骨も液体から気体になって、灰だけが残るように。

だけど、カレンは永遠という1点から生まれたの。カレンの使命。コスモスも宇宙も神も愛もただこの1点に存在していた。これがすべて。

このすべてのエネルギーを使い切り、20年間のすべてを地球に届けたの。魂も精神も身体もプレアデスもオリオンもシリウスもホピもコスモスという一切を含むものすべて。

私自身が愛だから、私自身が永遠だから、この愛は永遠なの。そこには時間もなく空間もない。だけど唯一の真実の愛が見えるから。

その真実を信じる。これがカレンの使命だから。


この文章を書いたのは、私が大学生でちょうどイギリスに1年間交換留学に行く前でした。留学する前に日本ですべきことを全部しようと決めて、実行していた時です。

この20年前の文章は、今の私に生きる指針となっています。

どんなにもがき、苦しんでいても、その経験が必ず役に立ち、誰かを助けるものになると確信できるからです。

あなたが今、とても苦しい状況にいたとしても、必ず乗り越えていける道はあります。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Karen

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。