藤田恭輔の撮って撮られて 第3回「年の瀬じゃないか!!」

かるがも団地の自治会長・藤田がひっそり更新する頭ゆるめの写真コラム。
コラムっていうかほぼボヤキです。


……という体で藤田恭輔がnoteでの連載を始めたのが、今から約半年前。
なるべく毎週更新しようと意気込んでいた藤田。
しかし、第2回まで更新されたところで、彼の筆は途絶えている……。

1. 連載 滞りまくりですみませんでした!!

サクサク書けるだろうと思っていました。
会社に勤めつつ、脚本を練りつつ、健康で文化的な私生活を送る中で、
毎週写真やカメラのお勉強を少しずつして、忘備録+コラムのような形で書こうと意気込んでおりました。

今の僕にそんなキャパはございませんでした。
10分くらい冷静になれば分かることでした。
(こうやって時折自分のキャパを見誤ってしまうのです。猛省。)


ということで、まずは長らくの間、何のアナウンスも無く、連載を放置してしまっていたことを陳謝いたします。
加えて、誠に勝手ではございますが、今後も特に「毎週○曜日更新!」などとは謳わず、マイペースに「書きたい・書ける」時に更新させていただこうと思っております。

2. 連載の方針をちょっと変更します

撮影技術向上奮闘記をメインに書こうとしておりましたが、ちょっと厳しかった…。じっくり腰を据えて勉強できていたわけではないので、「書けることが無い!」となってしまっていたのも事実。

もう少し自分にとって投稿することのハードルを下げるために、写真を撮りながら考えたり感じたり、または写真と全然関係ない事を徒然なるままに書き記す、ゆるやかな日記のような連載にしてみたいと思います。シンプルにエッセイです。

実はこの連載以外にも、更新が滞りまくっているものもあるのですが…。
それも順次おニュー記事を公開していく予定です。
演劇づくりにおいて無理してしまいがちな私たち(そりゃ劇団だしね…)なので、日々のweb上での連載・企画などは「とにかく無理せずに更新を続けられる内容と体制を整える」ことをモットーに、来年からもゆっくりと頑張っていきます。

3. 年の瀬ですね(今年の自分&写真の総括)

生きてきてこんなに「え、もう終わりすか」って感じている大晦日は初めてです。つい2週間前まで公演に追われていたせいかもしれません。

終わってみれば何事もあっという間。
でもそれと同時に、「365日ってやっぱり長いな」とも感じています。

卒論提出、私生活でのメンタルブレイク、演劇部の卒業公演、最後の写真展、新卒社会人としての日々、思いのほかアクティブに遠出・旅行した思い出、出逢えた映画・お芝居・音楽、勢いで立ち上げた劇団、書けない脚本、必要以上に自分を追い詰めてしまう日、礼節を欠いては身の回りの大切な人達に沢山沢山沢山迷惑と心配をかけ、怒られ、がっかりされ、悔しくて情けなくてこっそり泣いた時、崎山蒼志くんに度肝を抜かれた瞬間……しつこいのでこの辺にしておきます。

なんだかんだめっちゃ詰まってるやん、めっちゃ色々あったやん、って思いました。喜びも反省も全部抱きしめて次の年へ向かいます。


さて、写真の話もちょっとしますね。今年もたっぷり撮れました。
モデルさんを募集したこともあり、写真を通じて「新しい出会い」や「久しぶりの出会い」にも恵まれた年でした。

今年撮った写真たちの一部

自分の中に確固たる「作風」や「美学」なんてものがあるわけではないけど、「日々の何てことない(偶にちょっとだけ特別な)生活」とか「ほっと一息つける瞬間」をフィルムにおさめるのが自分は好きなんだなと、今更のように自覚した2018年なのでした。

撮影した写真はかるがも写真館のコーナーに随時アップしてまいりますので、こちらも併せて宜しくお願いします。

図らずも長文になってしまいました。
来年もじっくりことこと頑張りますので、気にかけていただけますと幸いです。引き続きかるがも団地を、藤田をよろしくお願いします。

良いお年を!


……うん、うん。これくらい。ガチガチに写真の話だけするのではなくて。日本テレビの日曜夜の某番組のような、タイトルに「法律」とついているから、申し訳程度に法律の話もする(失礼)、くらいの感じで続けていくのが、今の自分には合っているみたいです。

ふじたのTwitter @fujita_karugamo(さびしいからフォローしてください。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

藤田恭輔の「撮って撮られて」

かるがも団地の自治会長・藤田恭輔による、写真脱初心者奮闘記+写真と関係無い話をしていくコラムです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。