おきらく19歳と父と母

19歳の夏に1か月語学留学をした。行先はサンフランシスコ。出発の日、尼崎から関空行きのバスにワクワクしながら乗り込んだ。

バスの窓から外を覗くと、見送りに来ていた父と母が立っているのが見えた。何も話さず私をじっと見ている。父の顔は無表情。母は今にも泣きだしそうだ。

なんとしてでも、アメリカに行きたかった。大学で留学のパンフレットを見つけてきて、母に懇願した。
「大学生協のだから大丈夫!」
楽しいことしか起こらない気がした。何が大丈夫なのか分からないが。

私を見送りながら父と母は話したそうだ。「もう、絶対行かさないどこうね」と。バスがゆっくりと動き出し手を振ると、2人は暗い顔のままで振り返した。2人の顔を見たら、急に不安が襲ってきた。

しかしそれも一瞬。尼崎を出て高速道路に乗ると、浮かんでくるのはウェルカムパーティーのことだった。
ピザ出るかな? 
踊っちゃうかな、私

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!面白いって思って頂けると嬉しいです。
16

なたね

面白い文章が書きたい、そう思いながら日々書いてます。読んでる時に、クスッて笑ってくれたら、とっても幸せです。どうぞよろしくお願いします。

コメント4件

かしまさんらしくて、またむふふと笑ってしまいました!
ピザは出ましたか? 踊っちゃいましたか??(>▽<*)
かわせみさんありがとうございます!
スナック菓子でした笑 腰を振って踊る人たちを見ておののいて、全然無理でした(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
ああ…それは入っていけない!笑 「おおう!」ってなったかしまさんを想像して笑ってしまいます。
そうなんです!ジュースをちびちび飲みながら、踊ってる人見てました笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。