結び音占いって、何?

 
みなさまこんにちは。香椎ゆゆです。
こちらは以前運営していたブログからの転載記事となります。

本日は、私がオリジナルで展開している「結び音占い」の説明をしたいと思います。


そもそも結び音占いって何?

結び音占いのベースは、「神数術(しんすうじゅつ)」という、名前の持つ音と誕生日を掛け合わせて紐解く占い
 
数字や音には力がある、という思想のもと成り立ってるので、言霊占いと呼ばれることもあります。
 
結び音占いは、その神数術の解釈をベースに私のロジックを織り交ぜている、オリジナルの占術です。


結び音占いでは何がわかるの?

この占いでは
「名前の持つ傾向、方向性」
「名前にどんな性質が宿っているか」

を知りたい時に非常にオススメです。

ここでいう名前は、人物に限らず、法人名、商品のネーミングなども指します。
 
上記をベースに、運勢、性格、金運、仕事運、相性、異性運などなど…
いわゆる占いでわかることは一通りなんでも占うことができるので、今抱えているお悩みについてお気軽にご相談くださいね。 


名前の重要さ

私は普段から、名前というものは鎧であり武器でもあると説明をしています。
 
どういうことかというと…

例えば本名を名乗っている時と、HNや源氏名、芸名などを名乗っている時。
キャラクター、振る舞い、性格などは、本来の自分の性質とは違くなりやすいですよね。

例えば役名を得た時。
名前を使って擬態して表現し、なりきる(勘違いさせる)ことができます。
その役がその人にハマると、長きに渡ってその人の代名詞になることもあります。

つまり、同じ人物であれども、名前という武器や鎧を変えると、性質も、どう見られるかも変わってしまうのです。 

なので、名前って本当に大事なもの。
自分がどういう武器を持っていて、どういう鎧を身につけているかを知るだけでも、随分日々の過ごし方が変わってくると思います。


結び音占いの命式について

通常、お客様にお渡ししている鑑定書はこのようなものです。
ぜひ今までに鑑定を受けたことがあって、鑑定書もお持ちの方は見比べてみてくくださいね。

はい。これは私の命式です。
記号だらけで謎ですよね笑
この命式の見方を簡単に解説します。

図のように、天命を頂点に、宿命が2箇所、運命が4箇所と、内側・外側という概念から成り立っているのですが、わかりにくいのでこれらを電車に置き換えます。

天命…電車のレール、行き先、規模、行かざるを得ない道、方向性
宿命…新幹線や路面電車などの自分を象徴する車体、持って生まれたもの
運命…時刻表、起こりうること、付加価値

…内装、内側、自分や近しい人しか知らない自分自身
…外装、外側、他者からの印象

イメージとしては、
天命・宿命は車体とレールなので、なかなか簡単には変えられるようなものではありません。
運命の影響は天命・宿命ほどの影響力ではないけれども、自分にとって重要な付加価値的な位置付けとなります。

これらは1文字でも名前や1日でも生年月日が変わると記号が大きく変わり、そしてそこに散りばめられる記号の配置や組み合わせによっても、意味が大きく変わってきます。

双子の方とか、誕生日が一緒のカップルの方とかで、他の占いだとあまり違いがわかりにくい場合でも、ご対応可能です。
全然結果が違うので面白いですよ!


もともと教えられた考え方や言い回しで、どうしても天命だの宿命だの…と、人生の抗えないもののような誤解を招きそうではありますが、
結び音占いは、自身のマイナスに陥りやすい傾向を認知し、力んでいない自然な状態や無理のない行動や、自分に合ってる!と思えるような環境を紐解く占い だと思っていただければ、とっても嬉しいです。

だって持ってる力を紐解いたところで、そもそもその電車を走らせるかどうかは自分次第。
仮に敷かれたレールがあろうとも、そのレールを認め選ぶも抗うも、止まるも進むも自分次第。

持ってる星を使うも捨てるもコントロールするのも、ぜーんぶ自分次第!
 

 
それでは!
細かい記号の意味やら特殊な組み合わせなどは、(再掲ではありますが…)今後の公開鑑定で明らかにしていくとして、今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こちらのサポートしていただいた分に関しては、ゆゆ氏頑張ったで賞になります!笑 いつもありがとうございます♡ ちなみに、スキを押していただくと、おみくじか、メッセージが表示されます♡笑

*おみくじ*中吉♡最後の念押しで抜かりなく!
4

香椎ゆゆ

結び音占い公開鑑定

2015年にブログで行った、公開鑑定の再掲です。
1つのマガジンに含まれています