見出し画像

アメリカ留学後1週間で僕は起業家になったって話。

皆さんついに元号が令和に変わりましたね🎉

この機会に今回は、僕が最近どんな活動しているのか、近況報告みたな感じでに綴ってみようと思います。

今僕は2か月前にアメリカの留学から帰国して、ずっと東京の渋谷にいました。

何をしていたかと言うと、「Follop」というインフルエンサーマーケティング事業の会社を作って資金調達してたって感じです。

アメリカから帰国してすぐ1週間くらいは、エンジェル投資家やVCに会いまくってました。Twitterで大量にDM送ってって帰ってきたのが3割位で、実際に会ってくれた方が1割くらいかな?会ってすぐ事業計画をピッチすると、以外にもすんなりと調達が決まって、あれ?となり結構いけるじゃん!って調子に乗ってました笑

それから、途中海外にも行ったもののすぐに会社登記を終わらせ、チームを集め始めました。同時に色んなイベントに参加し、東京でのスタートアップの人脈作りをしていきました。それからアポも増えましたがただの田舎者だったので山手線すら迷いました。今ではプロ並みに乗りこなしています。笑

そして、チームは全員いわゆる「Twitter採用」というやつです。Twitterで募集して向こうから「僕もやりたいです!」ってやつです。僕は当時6000フォロワーくらいいたので、たった1投稿で20人くらいから面接してください!とDM来ました。まあ全部は出来ないので優秀そうな人と会っていくとみるみるうちにメンバーも増え、東大や慶応など学歴もめちゃくちゃ高い人ばかりで僕の立場がなくなりました(僕は地方大学だ…笑)

現在は、マーケティングや営業6人、開発2人、技術顧問1人くらいのチームで動いています。

ー僕達の会社についてー

僕達のミッションは「資本主義をアップデートし、個人の価値が評価される世界を創る」ことです。
今の時代、物質的な豊かさにみんな満足しているにも関わらず、沢山の広告や煽りで消費ばかりを催促される社会です。
ポスト資本主義とも言われますが、もうすぐ資本主義が限界を迎え、価値主義と呼ばれる社会に移行していくんじゃないかと思っています。

その予兆はもう始まっていて、例えば、貯金ゼロ円だけど多くの人に注目にされていてTwitterのフォロワーが100万人以上いる人が、何か事業をやりたいと考えたとすると、すぐにタイムライン上で仲間を募り、クラウドファンディングを通して資金を募り、解らない事があればフォロワーに知恵を借りられます。

こういった「他者からの注目」や「信用」という貨幣換算が難しい価値を、好きなタイミングで人・金・情報という別の価値に転換することができるようになっていきます。

僕達もその時代の流れに波乗りし、Follopを通して新しい価値を創造していきます。

というわけで、令和初ということでしっかり書いてみました笑

これからも色んな挑戦をしていくので、暖かく見守って&応援頂けると嬉しいです!👍

これからもよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとう!もし良かったらシェアしてくれるととみーが喜ぶよ!
4

とみー|Follop代表

Follop Inc. 代表取締役CEO|インフルエンサーとお店をつなぐプラットフォーム @Follop_jpを開発中│アメリカのテキサスで「留学×起業」してた21歳の大学生|新しい挑戦」が誰でも出来る世界を創りたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。