見出し画像

SNS消費という新しい価値のカタチ

SNSという最大の「目的の手段化」

最近、SNSが流行っている。

このツイートのようにSNSのために、いきたい場所を決めるという人も増えてきた。

今では、Instagram、Twitter、Facebookはほとんどの人が使うようになってきた。

引用:ICT総研

このようにSNS全体のユーザー数も圧倒的に伸びているのが今の時代の流れだ。

特に顕著なのが、女子高生や女子大生の、「インスタで写真を撮るために目的地にいく」という行為だ。

「目的の手段化」していると思考停止の人達はいうかもしれない。

だが、彼らに撮っては、インスタは、ある意味アルバム的な役割を果たしているし、インスタ映えする写真を取れば、気を引きたい異性との会話のネタになる可能性も秘めている。

だからこそ、「インスタ映え」が絶対条件だ。

だから、インスタ映えさせることを目的に、行きたい場所を決めるし、インスタへの投稿が旅の終止符を打つ。

広告に変わるもの

また、広告といえば今までの主流は、メディアやテレビだったが、それもSNSにとって変わりつつある。

今の時代、情報源は、SNSを通して取り入れ、SNSを通して誰でも発信できる。

また、だからこそ、「誰が発信するのか」というものさしが一番大切になってきた。


最後に

たかがSNS、されどSNSだ。

これからの時代は、SNSでの採用も広がるだろうし、SNSでのスポンサー文化も広がるだろう。実際、僕もスポンサーについてもらっている。

SNSは、人とのつながりを曖昧に、つながっている人の数を明確にした。

そして、一番大切なことは、SNSで「誰が」紹介するのか、「誰が」発信するのかということだ。


SNSには、大きな力がある。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぜひ共感した方は、シェアしていただくとありがたいです。

また、この記事を書いている人は、僕、とみーです。

まだフォローしていない方は、ぜひフォローしてね。👇

とみーのツイッター




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとう!もし良かったらシェアしてくれるととみーが喜ぶよ!
3

とみー|Follop代表

Follop Inc. 代表取締役CEO|インフルエンサーとお店をつなぐプラットフォーム @Follop_jpを開発中│アメリカのテキサスで「留学×起業」してた21歳の大学生|新しい挑戦」が誰でも出来る世界を創りたい。

つれづれとみー

日常での発見や感じたことなどいろんな視点から見てちょっとためになるように呟いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。