bk_5_3_シンデレラホール

5-3 仮装舞踏会と氷の微笑

 外に出ると、シンデレラパークは大混乱だった!

「あ、兄貴! ここに居たのかーっ! とんでもないことになってるぞ!」

「ハヤトさん! 大変ですっ。遊具が暴走して止まらなくなってるようです!」

 シンジローとシモカワが駆け寄ってくる。その背後では、高速再生動画のような気味の悪い速度で、あらゆる遊具がデタラメに動いていた。

「ハヤトさん。えらいことになりましたなっ。パーク中が、悪意の反応であふれかえっておりますなっ!」

 多少の悪意のレーダーを備えたヨシオが、ふだんより眉間に力を入れながら叫んだ。
 ごったがえす客たちの目つきがおかしい。東和の乱のときと同じだ! みんなどっかで見たようなアニメやゲームのコスプレ姿だけに、余計にシュールな感じだぜ……!

「ひでぶぅううううううう! ひでぶううううううううぅぅぅぅぅぅぅ!」

 冗談みたいな速さでレールを爆走するINABIKARIから、コミネの悲鳴がドップラー効果で聞こえてきた。

「ハヤトー」ドスドスと走ってくる大柄な人影。

「カスガ!」

「いきなり係員が変になって、コミネとヤノが乗ったままのINABIKARIが止まらなくなったんだー!」

「……ああ。そのようだな」

 ヤノの悲鳴は聞こえねえ。すでに気絶してるんだろう。

「あのう……ハヤトさん……」

 物陰から怯えた顔の剣道着が現れた。

「ヤギハラ! おまえのほうは大丈夫だったか?」

「それが……その……なんか……ナミさんが……」

「ナミが? どうした!?」

「な、なななんか、ミラーハウスで、……さらわれたっていうか……ラチられたっていうか……」

「なにぃ!?」

「ひ、ひいいっっ」

おまえ、黙って見てたのかよッ!?」

「ウヒッ……あ、そ、その……あ、ああ相手は、か、カムラとカワハラだったもので……」

「あいつらが!?」

「か、カムラが、何かガスみたいなものをかがせて、ねねね眠らせていました……!」

 そのとき、園内放送のスピーカーから、居丈高な女の声が鳴り響いた。

……ガッ……園内に居るものたちよ。私はアイスクイーン。この世界の新しい女王。すべてのものは私の前にひれ伏しなさい……ガッ

「あ、あにきぃ……この声って……」

「……………………」

 くそっ。やっぱりお前なのか……ケイ!

『自らの中に眠る獣性を解放しなさい! 理性を捨て、本能とこのアイスクイーンにのみ従うのよ! 本当の自分をさらけ出すワケ! そして、園内に居るアリバとかってコシャクな連中を、三分以内にギッタンギッタンにしてやるのよ!』

 もう間違いない。アイスクイーンは……悪意は……俺たちの敵だ!

……この放送を聞いてるスペシャルゲストさん。招待状は持ってるかしら? あなたの【大切な女性】と一緒に、舞踏会へのお越しを心待ちにしてるわ!』

 ガッ。放送は切れた。

「アニチ……行くのか……?」

「……ああ。【大切な女性】ってのが誰なのか、今はっきりわかったからな」

 パークの中央にそそり立つ、おとぎの国の宮殿を見すえる。

「……俺はそいつを取り戻さなくちゃならねえ……!」

 気がつくと、俺たちは園内の悪意……老若男女の扮するあらゆる人気アニメ・マンガ・ゲームのキャラクターに囲まれつつあった。
 自然、俺たちは固まって円になり、そんな悪意どもと相対する形になっていた。

「……みんな……すまねえがあとを頼めるか?」

「オウヨッ!」

「行ってください、ハヤトさん!」

「なんとかやってみるよー」

「ここは我らに任せるですなっ」

「アイスクイーンの支配下だけに、氷属性の敵が多いはずだ。まずは、風属性のクリハラを探して合流しろ。そしてなんとかINABIKARIを止めて、コミネを助け出せ! この局面、風の大将が居ねーと話にならねえ。あいつを中心に隊列を組んで戦うんだ!」

 ジリジリと間合いを詰めてくる悪意をにらみながら俺は続けた。

「シンジロー、シモカワ。テンション上げすぎんなよ! 氷属性相手だと、おまえらは分が悪い。まだ正気の一般人の保護に専念しろ!」

「わかったよ兄貴!」

「うおおおぉぉぉし! 情熱スイッチオォォォン!」

「カスガっ。おまえも火属性だが、ステータス的には一番タフだ。コイツらを守ってやってくれ!」

「おーう。おれがみんなの壁になるー!」

「それからヨシオ。風属性といってもクリハラは未熟だし、ヤギハラは戦力として正直微妙だ。こんなときこそおまえの電波が頼りだ。頼んだぜ」

「ウイ、ムシュー!」

 俺は、カスガの背中に隠れるようにして、うつむき怯えているヤギハラに声をかけた。

「ヤギハラ」

「にぎゃっ……は、ハイッ」

「さっきはああ言ったが、いまこの場で風属性はお前だけだ。できることで力を貸してくれ」

「は、ハヤトさん……」

「……じゃあ、始めるとするかっ! パーティに遅れちまうからな!」

 俺のその声を合図にしたように、悪意どもが一斉に襲いかかってきた!
 俺の前を先行するように、仲間たちがそれを迎え撃つ!

 突破口が切り開かれる。
 俺はその一瞬の空隙を駆け抜けた!




 シンデレラパレスに近づくにつれて、真夏だと言うのに気温がどんどん下がっていく。
 美しい尖塔と白亜の壁の城は、紫色のまがまがしいオーラに包まれたイバラの城のようにも見えた。

 大勢の悪意が暴れる混沌のパーク内を駆け抜け、淡く光り始めた夏の夕空にそそり立つパレスを目指す。
 跳ね橋を渡り、戦車でも通れそうなほど巨大な扉の前に立つと、待っていたように、分厚い開き戸がギイイイッと開いた。

 城内は虚ろな仮装舞踏会の真っ最中だった。
 華やかなオーケストラが曲を奏で、テーブルいっぱいに銀の食器に盛られたごちそうが並べられ、キラキラ輝くシャンデリアの明かりの下、宝石のようなカクテルが光を反射させている。

 城内には、霧のように冷気がまん延していた。
 冷気の中で、様々な仮装をしたひとびとが、音楽に合わせて流麗なダンスを踊っていた。
 誰もが目を開けたまま眠っているように精気がなく、ぼんやりしていた。
 その姿は、ケイの大好きなアニメやマンガの登場キャラクター
 楽団が奏でるのは、そんなアニメの主題歌やBGMだ。

「よよよ、ようこそ……いっ、いっ、いらっしゃいましたっ。アイスクイーンがお待ちです」

 奥から執事服を着たカワハラが出てきた。

「……………………」

「ひえっ……ハヤトさん、マジで怒っとるやんっ」

「……………………てめえ、よくもノコノコ俺の前にツラ出せたな」

「ひぃぃぃぃいいい」

 カワハラは、不思議の国のアリスに出てくるウサギもかくや、という凄まじいスピードで逃げ去った。チッ。レベル2必殺技【脱兎】かっ。

「待ちやがれッ」

 カワハラを追いかけ、大広間の奥へ。
 階段を上り、赤いジュウタンの通路を進み、さらに大きな扉を開ける。
 謁見の間に出た。
 奥行きのある暗い室内には、ぽつぽつと道案内のようにオレンジ色の燭台が連なっている。

 その突き当たり。背もたれの高い豪華な椅子に、アイスクイーンが座っていた。
 ひじ掛けに置いた腕に顔を乗せ、気だるげな顔でうつむいている。
 その優雅なドレス姿には見覚えがある。
 俺たちが初めて出会った日の、あのコスプレ衣装だった。

「……アラ。早かったわね。ちゃんと一時間以内じゃない。あんたが私の指示した時間を守るなんて、初めてじゃなあい? ……本当に【大切な女性】ってワケね」

 アイスクイーンが顔を上げた。
 真紅の双眸が怪しくきらめく。
 そして、氷の微笑。

「お招きにあずかり光栄だぜ、アイスクイーン。……大切な女を返してもらいにきた」

「ハヤト!」

 声がしたほうを向くと、ろうそくの儚い光の中、天井近くまである氷の柱に身を半分くらい埋め込まれた、ティンカーベル姿のナミが囚われていた。

「ナミ!」

「……こめん……ボク……油断して……」

「大丈夫だ。気にすんな」

「みんなは……?」

「パークのほうを任せてある。ここへは俺ひとりで来いってクイーンからのお達しだったからな……!」

「……ダメ……このひとは……アイスクイーンの悪意は……ありえないほど強い……無属性のハヤトじゃ、絶対に勝てない……!」

「……………………」

「か、風属性のコミネさんやクリハラくんでないと……まともな戦いにすらならないよ……」

「……それでも……」

 俺は言った。

「……コイツだけは他のやつには任せるわけにはいかねーんだ。俺自身が決着をつけなくちゃダメなんだよっ!」

「ハイハーイ。盛り上がってるとこ悪いわねえ」

 苛立たしげな笑顔でアイスクイーンが割って入る。

「女王を無視して、イチャつかないでくれるかしら? 舞踏会の主催者として、おもてなしさせてもらわないと……まずは、我が親衛隊長と戦ってもらうわよ」

「親衛隊長? どうせカムラだろ?

「……(ギクギクッ!)」

 大広間の太い柱の陰から気配がした。

「……カムラ。今なら、2/3ゴロシで済ませてやる……。こんなことになっちまったのには俺にも責任がある。おまえらばかりを責められねえ。けどな……」

「……………………」

「これ以上俺の敵に回るようなら、三倍ゴロシじゃ済まねえぜ……!」

 物陰からいきなり、蝶ネクタイにタキシード姿の巨体が、もみ手しながら転がり出た。

「は、ハヤトさん。誤解ですって! 俺は最初からハヤトさんの忠実な手下ですって! ダブルスパイとしてアイスクイーンに取り入り、危険もかえりみず情報収集を敢行しましたぜっ……!」

「あ。コラ、カムラ! あんたなにさっさと裏切ってるワケ!?」

 息を切らせながら俺のそばに来たカムラは、卑屈な顔で耳打ちしてきた。

「……このカムラめがつかんだ情報によると、どうやらアイスクイーンは、まだかなりハヤトさんに未練タラタラのご様子……」

 ドゴンッ!

「ぐええっっっ!!!」

「だまってろ」

 カムラはそのままゴロゴロ転がって消えた。

「さあ、お次は何をする?」

「……じゃあ本題に入りましょうか。あんたに提案があるのよ」

「提案?」

「どう? 私たちで手を組まない?」

「……………………」

「私は悪意。あんたはアリバ。お互いすごいチカラがある。そんな私とあんたが組めば、怖いもんなしってワケ。福岡市のすべてを支配することだってできる。そしたら、あんたには、その半分をあげてもいいわ。私たちがふたりで福岡市に君臨するのよ。王と女王として。永遠にね」

「……………………」

「どう?」

「どう……って、なんだそのつまんねー提案は。福岡市の半分? いらねえよそんなもん。アホか」

「……ムカムカッ! あ、相変わらずね……」

「ゴタクはもういい。そろそろケリをつけようぜ、アイスクイーン」

「……どうしてもやるってワケね……大切な女を助けるために」

 ねめつけるような暗い瞳に憎悪の真紅が灯る。
 ドス黒い冷気を全身から噴出させながら、アイスクイーンはユラリと玉座から立ち上がった。

「ああ、その通りだ。……俺の大切な女を……ケイを、返してもらうぜ! アイスクイーン!」

「!!?」

「……ケイ! 俺はおまえを必ず助けだす!」





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

YES!
4

katagiri‐project

20世紀末の福岡市を舞台としたADVゲーム小説「福岡ファイト!」

福岡ファイト!

世紀末の福岡市を舞台とした仕組まれた物語「福岡ファイト!」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。