森家ファイト__ver1

5-2 星降るテラスとキミの笑顔

「いーくーぜーオラアアアァァァァ!!!」

「し、シンジロー! INABIKARI!  INABIKARI乗るばい!」

 火属性コンビはさっそくテンションマックスで犬のように駆けていく。
 対戦格闘ゲームのコスプレらしく、シンジローは改造学ラン、シモカワはよくわからんが白いハーフパンツの美少年風。歪んだ性癖のお姉さまたちが鼻血吹きそうな恰好だ。

「どら。天上で宇宙でも感じますな」

 なぜかブ〇ース・リーみたいな黄色のピッチリ全身ジャージを着たヨシオが、ザッザッと足音を響かせながら巨大観覧車のほうへ歩き去る。

「ムホホホ。無重力下でシャドーボクシングと洒落こみますかねえ」

 袖の破れた道着に赤いハチマキというクリハラが、ゲタをカランコロンさせながら『無重力体験MOR』へと向かった。

「お、おれは絶対に『絶対恐怖館ホラーハザード』なんかには行かないぞお。言っておくが怖いんじゃない。怖いんじゃなくて、ただ生理的に気持ち悪いだけだあああっ……」

「じぇ、ジェットコースターなどというただ速いだけの危険な乗り物に正義などない! 俺は……俺は断固としてそんなものには乗らぬうううぅぅぅぅ」

「まあまあ。ふたりともー。せっかく来たんだから、全部まわろうネー」

 パイレーツ姿で不気味に微笑むカスガが、怯えるヤノとコミネを超強引に引きずっていく。
 ヤノは……上半身ハダカで、赤いハチマキに弓? ラ〇ボーか?
 コミネはいつもと同じ格好だった。どうやら普段着が北〇の拳コスプレと思われたようだ。

「うわーーい。なんにも楽しくにゃーい。……ゲーセンでも行くか……」

 ヤギハラも剣道着と防具姿のままだった。ヤツも常時コスプレみたいなもんだしな。

「は、ハヤト! 150メートルの高さから落下の『ファンキースリリング』だって! 360度高速回転の『海賊王』ってのもあるよ!」

 子供のようにはしゃぐナミ。それはそれで珍しいし、青みを帯びた黒髪を後ろでまとめ、緑色のミニスカワンピースを着た『ティンカーベル』姿のナミは、息が止まりそうなほどキュートだった。思わず見惚れてしまう。

 ……勢いでアリバの戦士なんかになっちまって、ついつい忘れがちになるけど、ナミって並外れて美しい女の子なんだよな……。それも、俺の理想をそのまま形にしたような。

「……おいおい。ここに何しに来たかわかってんのかよ?」

 それでも俺はハシャぐ気になれない。何しろ、囚われの身の【大切な女性】を、たったひとりで助けに行かないとならないのだ。
 ったく。どいつもこいつも他人事だからって、浮かれやがって……。

「ああ。そうでしたね。ハヤトは忙しいんでしたね。ハヤトにとっての大事な女とかって、正直どうでもいい相手を助けにいかないとダメでしたね。マユなのか、そのスエって女なのか、それともまだ他に知らない女がポロッと出てくるのかはわかりませんが」

「……俺だって、誰だかぜんぜん思い当たらねーよ……」

 実はシンデレラパークに来る前、セーブカンパニーでスエの無事は確認した。だからますます誰だかわからない。……まさか本当にマユなのか? でも、小学生の女の子を【大切な女性】だなんて言うか?

「あ。『ミラーハウス』だって。おもしろそう。ボクちょっと行ってこよっと」

 葉っぱを集めて作ったようなきわどいワンピースの、短いスカートをヒラヒラさせながら、ナミは駆けていった。健康的な白い太ももがまぶしい。
 でも、パートナーがそんなのでいいのかよ……。

「っひ、ひでぶううううううううぅぅぅぅぅぅぅ」

 遠くのジェットコースターからコミネらしき悲鳴が聞こえてくる。
 みんなノンキなもんだぜ……。
 それにしても暑い。炎天下に突っ立っていたせいか、クラクラしてきた。
 おあつらえ向きに、『氷点下の占い部屋』という謎のパビリオンがあったから、そこへ入って涼むことにした。

 室内は薄暗く、冷凍庫のように涼しかった。白い冷気が煙になって漂う中、ムーディーなランプがオレンジ色の明かりをはかなげに灯らせている。
 その奥の、いかにもな怪しい装飾で飾られた一角に頭から紫色のフードを被ったジプシーのような女が座っていた。顔は見えない。

「来なさい」女はよく通る声で言った。「あなたには探しているものがありますね」

「え? ハイ。わかるんですか?」

 誘われるように俺は占い師の前の椅子に座る。
 占い師は水晶玉のまわりを撫でるようにして、おごそかに言った。

「……それは女……あなたはあなたにとって【大切な女性】を探している……」

「そ、そうなんです!」

「……その女性は……とても美しく、清潔で、誇り高く、頭の回転も速く、背はスラリと高くて、髪は長く、目はタレ目で、意地っ張りだけど実は素直で心優しい……そんな女性ですね?」

「え? いえ違います

 ばきぃッ!
 突然水晶玉が砕けた。
 見ると、占い師の細くしなやかな手が水晶玉を粉々に握りつぶしていた。

「……質問を変えましょう」

 占い師は、ンンンとわざとらしく咳払いして続けた。質問って……いつのまにそういう流れになったんだ?

「……ナミ」

「え?」

「ナミという女性を知っていますね?」

「あ。ハイ。すごいな。さすが占い師」

「……大切な女性ですか……?」

 低いけど力のこもった声で占い師は言った。フードの奥で、瞳が薄赤く輝いた気がした。

「はい。大切な」パートナーです。と答えようとした。

 その瞬間、フッと明かりが消え、部屋が闇に閉ざされた。そして、元々冷凍庫のようだった室内の気温がさらに下がり、痛いくらいになった。

「な、なんだ!?」

「ハイ。おっけー。あんたの気持ちはわかったワケ」

 闇の中から聞き覚えのある声がした。

「!?」

「……やっぱりそうなる運命(さだめ)のようね」

「こ、この声……まさか、おまえ……!」

「……私はアイスクイーン。シンデレラパレスで待ってるわ。一時間以内に来なさい」

 その言葉を残し、フッとまた明かりがついた。そして、『氷点下の占い部屋』の中に、俺以外の人影はもうなかった。


 ◆


 初めてシンデレラパークでケイと出会ったあの日。
 粉雪が舞い散る冬だった。
 だからケイという女には、冷たく気高い、清潔な氷のイメージがつきまとう。

「……はあ? いまなんて言ったワケ?」

 ライトアップされた夜のシンデレラパレス。
 俺たちが出会ったのは、賑やかな舞踏会が開かれている大広間の、扉を開けて出た先の、星の綺麗なテラスだった。

「……だから、イケてないって言ったんだよ」

 空には季節外れの花火が上がり、遠くには光に彩られた遊具が輝き、眼下には様々な仮装をしたひとびとのパレードが川のように流れていた。

「イケてないって、この私のこと?」

「まあね」

 華やかなドレス姿のケイは、そこでひとり、気だるげに夜景を眺めていた。
 俺のほうは白いマントに蒼い鎧という恥ずかしい騎士の姿
 入場ゲートで仮装を悩む俺に、女の係員が「これきっと似合うっすよ」と適当に選んでくれた。何かのアニメのキャラらしいが俺は知らなかった。

「……まさかこの私にそんなこと言うやつがこの世に居るとはね」

 気品あふれるドレス姿のケイは、氷のような瞳で俺を見た。気の弱い男なら逃げだしそうな眼力だった。

三秒以内に視界から消えなさい。そしたら許してあげるわ」

 俺はその言葉を無視して、ケイの隣に並び、テラスの大理石の手すりに体重をもたせかけた。
 目の前に広がる夜の遊園地の夢みたいな光の海をぼんやり眺める。

「おーおー。いい景色だな。これだけでも来たかいあるね」

「……………………」

「……まあ、イケてないというか、もったいないかな」

「なにがもったいないの? 聞いてあげるから、五秒以内に答えなさい」

 当たり前のように命令口調で話す偉そうな女。なんとなく、無理して気を張っているのがわかって、面白くてつい意地悪してやりたくなった。それでわざわざ十五秒くらい経ってから答えた。

「キミには、もっと可愛い恰好のほうが似合ってる」

「……あ、あんたバカじゃないの? 私のどこをどうしたら、可愛い系が似合うなんて思えるワケ?」

「そっかな。俺、ひとを見る目はあると思うけどな。キミは、そういう女王様みたいなケバケバしいドレスより、もっとキュートで可愛らしい服のほうが好きなんじゃないかと思った」

「……………………」

「間違ってたら悪い」

 そう言ってその場を立ち去ろうとした俺を、ケイは「待ちなさい」と止めた。

「……五分だけ

「?」

五分だけ、おしゃべりしてあげるわ。だからその続きを聞かせなさい」

十分だけなら、付き合ってやるよ」

 俺は笑顔で答えた。ケイもまた、つられたように顔を緩めた。

「ところで、あんたのそれ……悪くないわね」

「これか? これなんの衣装なんだ?」

「う、うそっ。知らないで着てたの!? あの国民的名作を知らないなんて、ひととしてあり得ないワケ! いい? そもそもまず刮目すべきは、作画監督のこだわりで……」

 そのあと俺は、コスプレ男女の華やかな舞踏会が開かれるおとぎの城の片隅で、無限の星々と夜の遊園地のイルミネーションを眺めながら、ケイの『オタクトーク』を三時間以上聞かされた。

 ……それが俺たちの出会いだった。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

YES!
3

katagiri‐project

20世紀末の福岡市を舞台としたADVゲーム小説「福岡ファイト!」

福岡ファイト!

世紀末の福岡市を舞台とした仕組まれた物語「福岡ファイト!」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。