見出し画像

ベルリンの壁@ドイツと1989年(息子と二人、ヨーロッパに旅に出る)

深夜特急でベルリンに朝着。ここからはいつものようにまずは腹ごしらえ。今晩は夜中の23時過ぎの深夜電車でオランダ、アムステルダムへ移動。時間は十分にある。

ベルリンと言えば、やはり壁。途中、NHKの映像の世紀で流れる、「パリは燃えているか?」をBGMで流しながら、気分は高まるばかり。NHKのこのシリーズ、個人的には秀逸と思う。これまでも、息子にちょこちょこ見せてきたけど、覚えてるのかなー。

そして、到着。ブランデルブルグ門。

壁の博物館にも立ち寄る。

その年前後の生々しい映像、そして同時期に起きた天安門についても映像あり。

1989年は世界、そして日本にとっても転換点。
日本は平成の始まりだしね。

この時期の時代の解釈は、冷戦が終わりグローバリゼーションの幕開け、歴史の終わりと位置づけられてきたように思う。

だが今改めて一歩俯瞰してみると、人類の旧来秩序への回帰や、文明の衝突の始まりとも言えそう。

1,3,5年程度の通常の人間の認識範囲で物事を捉えてしまうと、10,20年単位で振り返った時には間違っている可能性がある。自戒も込めて。

この直近30年は政治だけでなく、技術や経済、そしてビジネスにとって早く大きく複雑な変化が目白押しだった。

そして、これからもこの流れは加速していくんだろう。息子よ、機会と捉え暴れてくれ!

さて、壁関係を訪ねた後、まだ、深夜特急まで、十分すぎる時間があるので、息子の提案のまま、本当に適当に電車に乗ってみた。

すると、たまたま乗ったのがS7線というもの。その終終駅が、あのポツダム宣言のポツダムという事で、向かってみる。


わずか15分ほどの滞在、散策だったけど、ここで宣言された内容を日本が即時に受け入れていたら、あの惨事は防げたかもしれない。

なんて感傷に浸ったところで、歴史にifはない。歴史から学び、未来を創る事が重要。

いずれにせよ、ベルリンという都市を通して、息子に感じてもらいたかった歴史の一端は感じてもらえたら、嬉しいな。

と、ポツダムからベルリンへの帰りの電車で思ってたところ、「この景色、来た時に見たから、退屈〜」と息子。笑笑

この後深夜電車でアムステルダムへ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

さすらいのバックパッカー

大学生時代に1年間休学し、バックパッカーやってました。ヒッチハイクでチベットに行ったりと無茶してました。今回、息子とヨーロッパへ二人旅をします(2019年6月末~2019年7月頭の2週間)。鉄道/電車/歴史/お酒がテーマの中心になる予定です^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。