見出し画像

アンネとパンケーキとジャガイモとトラムのアムステルダム@オランダ(息子と二人、ヨーロッパに旅に出る)

深夜2352にベルリン駅をでる電車を待つ。真夜中のベルリン駅、思った以上に明るく安全な感じだ。

二等車コンパートメント型自由席を確保。1列2席、昨日は寝にくそう。ただ、冷静に考えると飛行機のエコノミーとかよりは、全然マシ。

「俺、深夜2時のANAで移動したからこんなの余裕〜」と、息子。二日連続で電車内泊、この旅で、息子の生きる力は、上がってる気は、する。


朝6時半に乗り換え、この直前、寝相の悪い息子は椅子から転げ落ちていた。。笑笑


そして、9時半くらいにアムステルダム着。 この駅をモチーフに??東京駅が作られた??というネット記事もあり、いずれにせよ美しい。

ヨーロッパの都市は、それぞれに個性がありますね。日本の観光政策としても参考になりそう。

トラムで宿へ。

アムステルダムの街はこじんまりとしており、かつ、トラムが縦横に走っており便利。今日だけで、5回は乗って、ちゃんと一日券の元は取った。

宿はAir bnb.

上の左が部屋。中はこんな感じ。

直前予約になったせいか普通のホテルだと2万円を超えていて高い!のが、リーズナブルな範囲で抑えることができた。

ちゃんとした机があるホテル、何日ぶりだろうか。。そもそもこの二日は電車内宿泊だったし、、

アンネの家へ行く。チケット事前予約は無し。
その場でQRコードをスキャンして空きを確認したところ、当日の18時頃が空いていたので予約。

予約は事前も当日もネットのみ。世界中で、ITリテラシーの有無が体験価値の総量と質を左右する時代になったんだなー。

単なるコスト削減だとは思うけど、これでターゲットを絞る意図まであったら、それはそれで興味深い。

ランチは有名なパンケーキ屋で。

息子は、ハワイアンのバナナアルコール抜き。笑笑
しかし高い。観光以外では、躊躇する、。

そして再びアンネフランクの家へ。

個人的には、なぜ、アンネ一家がアムステルダムにいたのか?という経緯と、そこからの状況をリアリティを持って理解できた。

もちろんこれまでも調べてはいたのだが、現場で感じるものとは異なる。ネットで色々な情報に触れることが出来るからこそ、身体性を伴う体験価値は貴重です。

尚、アンネの家に入る事ができたのは、息子のおかげ。

彼が、「やはり行くならアンネでしょ!」と、提案してくれたんだよな。「事前予約できなかったから、無駄足かもよ?」と、僕。「ま、行ってみようよ。外から眺めるだけでも意味があるよ」と、彼。感謝です。

その後は、ディナーでジャガイモ料理を食べる。右は460グラムを超えるジャガイモ。サーモンとバジルで味付けしてあって今回一かも?
二人で一皿。普段チップはケチるのですが、ここは奮発。

中央駅に戻り、街歩きをして、宿へ。

歴史、食、乗り物と充実の一日


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

さすらいのバックパッカー

大学生時代に1年間休学し、バックパッカーやってました。ヒッチハイクでチベットに行ったりと無茶してました。今回、息子とヨーロッパへ二人旅をします(2019年6月末~2019年7月頭の2週間)。鉄道/電車/歴史/お酒がテーマの中心になる予定です^^

息子と二人ヨーロッパに旅に出る2019

上海在住の中一の息子と東京在住の父の、夏休み2週間のバックパッカー日記。ふらふらと旅してます。写真はパリを電動スクーターで走り回る息子
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。