見出し画像

電動キックボードLimeでパリ市内観光 (息子と二人、ヨーロッパへ旅にでる)

ヨーロッパ本格稼働の初日はパリ市内観光。その午後には、息子は、Limeという電動キックボードを乗り回していた。

当初は、velivというパリ市が運営するという自転車の1日サブスクリプションサービスを使おうとするもシステムがショボくて断念。

以下は道にある当該システムと悪戦苦闘してる息子。

「使えねー!」と、文句を言いつつ、ホテルのフロントスタッフの方に、パリ市の担当の方に連絡してもらう事にした。

そして、初めの目的地の焼けたノートルダムへ地下鉄で向かうことに。

息子曰く、「地下鉄、スプラトゥーンの深海メトロのような雰囲気」とのことで、物々しいものを感じる。

ノートルダムは流石にデカイ!ハンダゴテが原因?の出火と報道されてる。働いてる作業員にとっては、「日常のちょっとした不始末」なんだろう。多くの人にとっては、「非日常」だけど。

"神は細部に宿る"、含蓄のある言葉だ。

その後、当日朝に、奇跡的にネットで予約できたルーブル美術館へ。

「ルーブルはどうだった??」との問いかけに、少し考え、「ウーーーーン、、暇だった」と息子。

ま、来た事の意味は人生を通して理解が深まっていくよね。

俺も芸術とか関心持ち出したのは、ここ十年以内だし。。

その後近場でランチ。

サイズが大きいので、二人で一つ。

その後その日、息子がずーっと乗りたがってた電動キックボードのアプリ、Limeを試したところ、サクッとインストールできた。

僕に似たのか、安全運転ながら、一気にテンションが上がる息子。
モンマルトル広場やシャンゼリーゼ通りを経て凱旋門へ。

本日の最終目的地、エッフェル塔には二人乗りで向かい無事に到着。

これから、air bnbで予約してるとこに向かいます。

パリ内散策、limeおススメです。
日本だとヘルメットやら、免許やら大変でまだまだ先の導入なんだろうなー。

まずは、上海から導入かも?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

さすらいのバックパッカー

大学生時代に1年間休学し、バックパッカーやってました。ヒッチハイクでチベットに行ったりと無茶してました。今回、息子とヨーロッパへ二人旅をします(2019年6月末~2019年7月頭の2週間)。鉄道/電車/歴史/お酒がテーマの中心になる予定です^^

息子と二人ヨーロッパに旅に出る2019

上海在住の中一の息子と東京在住の父の、夏休み2週間のバックパッカー日記。ふらふらと旅してます。写真はパリを電動スクーターで走り回る息子
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。