SEOライターの頭のなか|<対Google>と<対ユーザー>視点の SEOライティングマニュアル

東京歴史倶楽部(トウレキ)というメディアを運営している、SEOライターの勝田健太郎です。

このマニュアルは、SEOを始めようとしている、もしくは始めたばかりのライター向けに執筆しています。

なぜライター向けかというと、SEOライティングはいわゆるWEBライティングとは異なり、今までネットで文章を書いたことがある人が持っていない考え方が求められるからです。

すでにネットで文章を書いたことがある人がつまづかないように、このマニュアルでは、①対Google②対ユーザーの2つの視点から、SEOライティングを行なう際に必要な思考法を紹介します。

「自分が書いた記事が、検索結果で上位表示されているのを見てみたい」

「SEOでもっと自分の記事を多くの人に読まれたい」

そうお考えのあなたにとって、このマニュアルが参考になれば幸いです。


このマニュアルで出てこない単語:
ランクブレイン、クローラー、被リンク



1.記事の「最終評価者」は人間ではなく、検索エンジンだということを常に意識する

あなたが書いた文章は、人間だけでなく検索エンジンによっても読まれています。

そのため記事を上位表示させ、多くの流入を得たいなら、読者の気持ちだけでなく検索エンジンのことも理解する必要があります

この項目では、以下の3つのポイントに沿ってお話します。

【POINT】
①上位表示される記事は「多くの人が求めている内容」
②専門的な内容の記事が評価される
③ロボットが見てもわかりやすい文章を書く

1-1 上位表示される記事は「多くの人が求めている内容」

Googleの検索エンジンでは、世の中の多くの人が求めている記事が評価されます。

なぜなら、Googleは「ユーザーの利便性」を追及しているからです。

検索結果で上位になればなるほど、多くの人が参考になる記事が表示されているかと思います。

それはユーザーのためになる情報を上位表示させることで、より多くの人にGoogleを使ってもらう狙いがあるからです。

そのため、もしあなたの執筆しているジャンルがニッチな分野で、より多くの人に記事を届けたい(=PV数を増やしたい、集客数を増やしたい)なら、多くの検索ユーザーの悩みが解決される記事内容を執筆する必要があります。

1-2 専門的な内容の記事が評価される

Googleは、専門性の高い記事を評価しています。

なぜなら、専門性の低い記事が上位表示されているとユーザーの利便性が損なわれてしまうからです。

1.一般のブロガーが書いた法律の解説ブログ
2.法律の専門家が執筆した、法律の解説ページ

真剣に悩んでいるときに、1のようなブログばかり検索結果に表示されていることを考えてみてください。

きっとあなたはうんざりしているはずでしょう。

もしあなたが何の専門家でもないという場合は、参考文献を示すなどしながら、サイトと一緒に自分自身の専門性も高めていきましょう

1-3 ロボットが見てもわかりやすい文章を書く

記事を執筆する際は、ロボット(=検索エンジン)が見てもわかりやすい文章を書くことを意識する必要があります。

なぜならロボットは、我々人間と同じような「文脈を読む力」を持っていないからです。

そのため以下のような文章はSEO向けとは言えません。

上の文章は極端な例で、私個人の主観も入っていますが、Googleから正統な評価を得るためにも以下のような形で文章を書きましょう。

==========================================
良い例:
Googleが採用する検索エンジンのロボットは、独自のアルゴリズムで記事の評価をしています。

アルゴリズムに対応するために、ロボットが見ても分かりやすい文章を書くことを意識する必要があります。
==========================================

もしこのマニュアルを読んでも理解できないという人は、ロボットではなく小学生や中学生が見ても分かる文章を書くことから始めましょう。

2.【対ユーザー視点のSEO対策】検索ユーザーはあなたの記事を読んでいない

検索ユーザーはあなたのファンではないので、あなたの文章を一語一句読むことはありません。

なぜなら検索ユーザーは記事を読みたいのではなく、疑問や悩みを解決したいからです。

そのため、もしあなたが本当に読者に寄り添った記事を作りたいなら、以下の2つのポイントを理解する必要があります。

【POINT】
①斜め読みに対応するために、周りくどい表現は避ける
②改行を忘れない

2-1 斜め読みに対応するために、周りくどい表現は避ける

「斜め読み」とは、要点をつまみながら飛ばし飛ばしで読む方法です。

検索ユーザーは、先ほども述べたように一語一句文章を読んでおらず、斜め読みで文章を読んでいます。

以下は斜め読みに対応できない文章です。

==========================================
悪い例:
では具体的にいくら必要なのでしょうか。

実際のところ、○○というデータによれば8割の人は10,000円程度から投資を始めているようです。

なのでもし今投資を考えている人は、10,000円を目安に始めるのがオススメです。
==========================================

良い例を見てみましょう。

==========================================
良い例:
投資初心者の8割※は10,000円から投資を始めています。

あなたがもし投資を考えているのなら、10,000円程度から始めるのがオススメです。
※○○を参照
==========================================
どちらがスラスラ読めるでしょうか。

答えは明確です。

2-2 改行を忘れない

あなたの文章は、多くの場合スマートフォンで読まれています。

スマートフォンの画面はパソコンの画面よりも小さいため、画面いっぱいに文章が表示されていると、ユーザーは嫌悪感を示し、あなたの記事を二度と読むことはないでしょう。

1-2行程度文章を書いたら、改行を忘れずに。

記事のまとめ

あなたがSEOライターではない場合、この文章を読んで違和感を示しているころでしょう。

なぜならこのマニュアルで書いたことは、多くのライターが求めているであろう「あなたらしい表現手法」には欠けているからです。

しかし、あなたが本当に「ユーザーの悩みに寄り添いたい」、「疑問を解消してあげたい」と考えているなら、この思考法はきっとお役に立てるでしょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

勝田健太郎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。