オープンしたてのロシア料理店

昨日、ゼミの仲間と教授と一緒に、5月に府中市にオープンしたロシア料理店へ行ってきました!

ロシアレストラン ペチカ

お店は、府中駅から徒歩5分もかからない距離のところにありました。
昨日は激しい雨が降っていましたが、そんなに濡れずに済みました!

ペチカ(печка)とは、ロシア式のかまど兼暖房です!
日本人にコタツが必要なのと同じように、ペチカは極寒のロシアには必須のアイテムです!

店内に入ると、ロシアの雑貨がずらり!
前回のブログで書いたマトリョーシカも、小さいものから腕で抱えるほど大きいものまで(!)たくさんありました。
それだけでなく、ホフロマ塗りやチェブラーシュカのぬいぐるみなどもたくさんあり、店内は雑貨屋さんのようでした。

しかも、テーブルの木材はわざわざロシアから取り寄せたものだという、こだわりっぷり!

店長はイルクーツク出身のニーナさんとセルゲイさん夫妻。
長い間福岡でロシア料理店を経営し、この度上京されたそう。

食レポ

昨日頼んだのは
ディナーセット「しらかばコース」
・オードブル
・ボルシチ
・ブリンチキ・ス・ミャーサム
(ひき肉クレープ包み)
・自家製黒パン(昨日は食べてません)
・デザート
・ロシア紅茶

それと、
・しらかばジュース(ドリンク単品)

☆オードブル
きゅうりのピクルスがお皿に乗っていて、感動!ロシアでは、夏の間に採れた野菜をピクルスにして冬の保存食にするのが伝統なのです!

☆ボルシチ
ディルのおかげか、ビーツのおかげか、香りが本物に近くて、懐かしい感じがしました。ボルシチは、スープにスメタナ(сметана)というサワークリームを入れ、かき混ぜて食べるのですが、このスメタナ、日本ではなかなか手に入らないものなのです。スープの味もスメタナも、本場に寄せつつ日本人の口に合うように程よく調整されていて、美味しかったです!

☆ブリンチキ
ふわふわ!今まで食べたどのブリンチキより美味しかった!ブリンチキを日本語訳(?)すると「おかずクレープ」ですが、ここのブリンチキはクレープ感ゼロです!むしろオムレツみたい!

こちらですね!
ブリンチキの上にあるのはキャベツの塩漬けとグレーシカ(ソバの実・гречка)です。
どちらもロシアでは毎日のように食べる食材です。

☆デザート
ケフィール(アルコール発酵乳)。意外に思われるかもしれませんが、ロシアは乳製品の生産が盛んで、日本ではあまり聞かない乳製品も沢山あります!(スメタナもケフィールも乳製品)
味も見た目もヨーグルトと見分けがつかないくらいです!
ちなみにヨーグルトは乳酸菌発酵ですね。

☆ロシア紅茶
ロシアンティーは、ストレートの紅茶にジャムを溶かして(もしくはスプーンですくって舐めながら)飲みます。
ここのは、あらかじめジャムを溶かした紅茶でした!

☆しらかばジュース
初対面だったのでチャレンジ!
しらかばから出る蜜を溶かしたジュースでした!
甘すぎず、さっぱりしていて飲みやすかったです!

さいごに

都内にロシア料理店は何箇所かあります!
それぞれ味もこだわりも違うのでお気に入りを探してみてはどうでしょうか!

ペチカのホームページ
http://bcj-ltd.com/pechka/

プロジェクト「ロシア・カワイイスキー」
https://www.instagram.com/russia_kawaii/

#料理 #コラム #食レポ #グルメレポ #ロシア料理


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

ロシア料理

フレンチ、中華、イタリアン… 簡単に予想がつくお馴染みのメンツにはそろそろ飽きたでしょ? 新ジャンル・ロシア料理に挑戦してみるべし!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。