Kawanet 海外テック note

6
ノート

【2019年版】目的・渡航先別オススメ海外 SIM カードの選び方

海外でスマホを使うために必要な SIM カードを、目的・渡航先に合わせて選んでいきます。私が2018年の米国・欧州・アジアの海外出張で実際に使ってきたカードから、オススメをご紹介します。(2019年1月版)

【目次】
1.とにかく安さ優先。現地の苦労も楽しみたいなら…
2.とにかく簡単優先。2泊3日以下の短期渡航なら…
3.欧州に行く or そんなに大容量を使わないなら…
4.シンガポールに行く

もっとみる

StarHub SIM Happy Roam 東南アジアなど世界18カ国対応ローミング(500円/1GB)半年間有効【オススメ】

シンガポールの StarHub のプリペイド SIM は、世界18カ国でローミングできる Happy Roam サービスが利用できます。通信量は 1GB 単位で SGD 6(600円)という低単価で買っていく方式。この SIM カードは半年間有効。チャージするごとにさらに期間延長できる。オススメできる SIM カードです。

ローミングのプランは微妙にラインナップが多くて、最初は戸惑いますが、多く

もっとみる

EE 欧州 SIM £15/5GB/30日(2,200円)/通話可。ギガ単価@440円と安い

イギリス EE 社の SIM カードです。£15/5GB に通話 500分込みで 2,200円とリーズナブルです。EU 圏内全域で、英国の +44 国番号のまま、追加料金なく使えるそうです。欧州旅行に最適ぽい。→ https://ee.co.uk/

たくさんプランが選べるのでとっつきにくいですが、通話少なめでデータ通信主体の利用の場合は、Data パックになります。
  ・£1.00/0.1GB

もっとみる

airBalticcard mobile 海外 SIM €15/1GB/通話可(2,000円)。年間 €1 で番号維持【オススメ】

エストニア airBalticcard mobile の SIM カードです。€1.00/年〜で国番号 372 の番号を維持できて、1MB 単位の従量課金のデータ通信が世界43カ国で使えるのが大きな特徴です。初期費用€10.00〜で日本までの送料無料。とにかく維持費が安いので、これはバックアップ用途としても、とりあえず1枚は持っておくと便利そうです。→ https://airbalticcard.

もっとみる

中国・深セン必携リスト5

深センに行くとき、日本にいるうちに事前に準備した方が良いもの、現地であると便利なものを挙げていきます。

(1)香港 SIM (★★★★★5)

The Great Firewall (GFW) により、現地の Wi-Fi や中国 SIM では、Google・Facebook・Twitter・LINE 等に繋がりません。VPN も規制が厳しくなっているようです。香港 SIM を使うのが最も手軽な解

もっとみる

most sim 米国 SIM データ無制限 10日間 2,990円 (T-Mobile)【オススメ】

2018年1月の US 出張では、現地滞在中の SIM として『most sim』の10日間プランを利用しました。実態は T-Mobile です。出発前に Amazon http://amzn.to/2FGrNzA で購入して、Prime ですぐ到着。私の購入時点では、2,990円でした。

他の SIM は 1GB〜3GB の容量制限があるプランが多い中で、この SIM は、通話・SMS・データ

もっとみる