中国・深セン必携リスト5

深センに行くとき、日本にいるうちに事前に準備した方が良いもの、現地であると便利なものを挙げていきます。

(1)香港 SIM (★★★★★5)

The Great Firewall (GFW) により、現地の Wi-Fi や中国 SIM では、Google・Facebook・Twitter・LINE 等に繋がりません。VPN も規制が厳しくなっているようです。香港 SIM を使うのが最も手軽な解決策です。ローミングになるので、GFW を迂回して香港から西側世界に飛び出せます。

中国本土と香港の両方(あるいは台湾やマカオ)で使えるプリペイドの香港 SIM は、日本の Amazon で出発前に買うのが便利です。プライムならすぐ届くし、現地で探す手間がないので Amazon が良いでしょう。香港の空港でも購入できますが、中国国内に入ったあとは香港 SIM は買えません(華強北を除く)。Amazon での事前購入が安全です。

今年(2018年)は China Mobile 中国移動香港の SIM を購入しました。
2GB・10日間有効で 1,850円でした。
https://amzn.to/2Kk4cpY

昨年(2017年)は China Unicom 中国联通の SIM を購入していました。
2GB・7日間有効で 1,870円でした。今は当時より安くなっているみたい。
https://amzn.to/2L1GPme

SIM ロックフリーの iPhone・Android で問題なく使えます。深センの街中で使っている分には、どのキャリアが繋がりやすい、という大きな差異は感じませんでした。

(2)中国 SIM (★★☆☆☆2)

香港 SIM(国番号:852)があれば現地のネット生活は事足りますが、現地の各種サービスを利用するには、ときどき中国の携帯番号(国番号:86)もあると便利です。銀行口座を開設するには必須です。滴滴でも必要そう。

私は、2017年5月に深セン福田の China Unicom 中国电信の窓口で契約しましたが、多少、時間がかかりし、担当者によって英語が通じなかったり、ルールが変わって開通できないリスクもありそうなので、Amazon で済むなら楽ちんです。 https://amzn.to/2GcunfD などがあるようです。香港 SIM よりだいぶ選択肢が少ないみたい。

ちなみに、中国本土+香港の両対応 SIM はたいてい香港 SIM です。中国限定 SIM を探す必要があります。また、中国 SIM では GFW の内側になりますから、国番号 86 を使える以外のメリットは皆無です。中国 SIM だけでの渡航は危険です。連絡が途絶えて、失踪したかと思われそう。

(3)微信 WeChat・支付宝 Alipay アプリを入れておく (★★★★☆4)

現地の決済は、微信・支付宝アプリの QR コード決済が圧倒的に便利です。決済時に毎回 QR コードを提示するか、QR コードスキャナを起動するなどの手順がありますが、慣れれば手間ないです。

現地でもインストールできますが、Android については Google Play 自体にアクセスできないので、百度のウェブサイトから野良 apk のようなものを入れる手順になります。現地到着前に入れたほうが良いでしょう。

アカウント作成時の携帯電話番号は日本・香港・中国の番号どれでも良いですが、できれば中国番号の方が(滴滴などのサードパーティのサービスとの連携時に)便利です。電話番号は、アカウント作成後にも SMS 認証で簡単に変更できますから、使いやすい番号を指定すれば良いでしょう。

ただ、日本から WeChat Pay・Alipay のアカウントは開設できても、入金(チャージ/充値)する方法は今はないようです。私は、深センにある工商銀行の支店で口座を開設しました。口座開設で半日時間をかけても良いなら、口座を作ったほうが良いでしょう。あるいは、アカウントを持っている友人に聞いてみるのが一番速いです。

(4)百度 Baidu のアプリを入れておく (★★★☆☆3)

GFW 内では、ググれないし、Gmail も使えないし、Google Maps アプリを使えないし、Google 翻訳も使えません。事前の準備が必須です。

香港 SIM なら Google Maps も使えますが、中国国内の地図は緯度経度が数百メートル程度ズレているので、使い物になりません。別世界に行くつもりで、百度 Baidu の同等アプリを準備しておきましょう。

深センは外国人も多いので、英語が話せない店員さんも翻訳アプリには慣れていて、さっと起動してコミュニケーションできます。

(5)人民元現金 (★★★☆☆2)

現地の銀行や両替所、ATM のキャッシングでも現金は入手できますが、現地での時間の節約・手間を考えると、外貨宅配も便利でお得でした。詳しくは下記の記事に書きました。

そのほかは、AC アダプタでも充電ケーブルでも折り畳み傘でも下着でも何でも、日本から忘れたものがあっても、深センなら何でも揃います。食事も安くて美味しいです。深センは、とても滞在しやすい都市です。

───────────

この記事を気に入った方は、左下の ♡ ボタンをぽちっと押してください♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

kawanet

Kawanet 海外テック note

海外の技術や新商品・新サービス、スタートアップ関係の話題など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。