わたしは「ミュージシャン」として、反差別・反ファシズムを表明します。

かわにしようじです。名古屋で音楽活動をしています。

と、胸張って言えるほどライブできておらず、音源も2011年に1タイトル作ったきり。ですが、人前で音楽を演奏している以上、自分は「ミュージシャン」だと自負しています。本気でやってます。

そんなわたしですが、2019年の今、ミュージシャンという立場として、改めて反差別、反ファシズムを表明します。
時に強い言葉を使って、差別やファシズムに抵抗します。

音楽に政治を持ち込むな
そんなことは当たり前で、わざわざ言うことじゃない
ミュージシャンなら言葉ではなく音楽で表現すべき
音楽は思想を超えるものだ
強い言葉は使いたくない
どっちもどっち

もしかしたらこんな反論が聞こえてくるかもしれない。でもわたしは、反差別・反ファシズムを大きな声で言わなければいられない。


色々な理由があります。
ですが一番の理由は、これを言わないと自分の音楽が嘘になるから、です。

わたしがずっと追求してきた音楽は、ポップスです。

誰かに恋したり愛し合ったりするときめきや喜びや悲しみ、
ふとした瞬間に湧き起きる郷愁、
あやふやで曖昧な心象風景

そんな、とりとめのないものです。
とりとめのないものを形にするには、音楽はちょうどいい。
そして音楽とは、演奏者と聴衆がイメージを共有する時間だと思っています。

今世の中で目の当たりにすることは、こういうわたしの好きなポップスとは対極にあるものです。

本当に許しがたい差別、不公正。
権力者のあり得ない不正や人権軽視。
もう事実として、そこにある。
みな知ってるでしょ?

なのに、無関係のふりをしたり、距離を置いたりしたまま、とりとめのない美しさを歌う気にはもうなれません。
わたしの暮らす街、暮らす国の話です。無関係でいられるはずがない。

だから、
自分の音楽を守るために、
胸をはってとりとめのない世界を表現するために、
とりとめのないものを誰もが安心して共有できる場を守るために、
言葉や行動で意思を表明しています。

それはある意味、「音楽に政治を持ち込まない」ために声をあげているともいえるし、また、声をあげること自体が、音楽活動そのものであるともいえます。

※念のため、「音楽に政治を持ち込むな」という意見に対しては、バカ言ってんじゃないよ、がわたしの答えです。ロックから何受け取ってきたんだ。


先ほど、表明する理由は色々あると書きましたが、あと一つ。

いわゆるポップカルチャーに身を置く人(演者、聴衆、評者)が、言葉は悪くなるが、なんだかぼんやりしすぎている人多い気がして。

元号が変わったタイミングで、「自民党2019」なんてものが現れました。
刀を持った侍を描いたキャラクターデザイナー、安倍晋三を囲む「アーチスト」 の若者、洗練された映像とBGM。
全部、ポップカルチャーを利用した、プロパガンダでしょう。

クリエイター、アーチスト、こんな簡単に極右為政者の意に沿っていていいんですか。
70数年前に、あんな愚かな戦争のための国威発揚にさんざん利用されたことを、わたしたちは既に知っているはず。

安倍晋三なんて、嘘ばかりつく卑怯者ですよ。

また、アヒトイナザワを取り巻く状況。
「特A」なんて言い方をする連中が使う「不逞」という言葉の後に何が続くか。それを「japanese sword」で「討つ」。
レイシズムそのもの。

そんな歌詞が今でも検索すれば誰でも参照できる状態で、関係者にしか謝っていない「謝罪文」でなんとなくうやむやにして、あろうことか雑誌のインタビュアーまでうやむやをサポートして。
この状態で彼がメンバーのバンドがぬるっと再結成ツアーに出て、それが歓迎されてしまう。

わたしは、今のままでは受け入れることができない。
「自民党2019」はその表現に対して批判をします。しかしアヒトイナザワの件はそもそも表現として容認できません。あんな歌詞を書く人間がいるバンドのライブには、安心して足を運べない人が多くいるでしょう。

音楽と思想は別物?

いや、彼は自身のレイシズムを歌詞、音楽として世に出した。

表現の自由?
音楽は全ての思想を超えるものだから、排除してはいけない?

いや、その意見には、前提がある。
誰かの人権を踏みにじる言動を、表現と認めてはいけないし、思想ではない。表現や思想と認めさせることで、ヘイトスピーチを堂々と語ることこそ差別者のやり口なのだから。
「差別をしない、許さない」という前提を踏まえてこそ、音楽は個々の思想を超えて、イメージを共有することができるのだと考えます。


わたしはわたしが愛する音楽の場を、ファシズムや差別から守りたい。
誰もが安心して集い、そして独りになれる場所を守りたい。
だからそれを壊すものには、怒り、徹底的に抗います。

公文書を改ざんしても辞めない政権。
「戦争しないと~」とわめく国会議員。
人を「生産性」で図ろうとする国会議員。
何度民意を示しても埋め立てられる海。
〇〇人はでていけなどと街やネットで叫ぶ連中。
試験でさえ性別で差がつけられる構造。
etc……。

繰り返します。全部、わたしの暮らす街、暮らす国の話です。
だからこそ今、改めてこの表明をしました。
わたしは表現者のはしくれでいたいし、50半ばの大人が言わなくてどうする。
今日は誕生日でもあるしね。55歳になりました。

2019.05.15

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

57