ranko's diary 0020

澄子が教室のど真ん中で、高い声で話す声が聞こえる。
「私って、ほら、いわゆる霊とかが見えちゃうタイプ?」

教室の一番後ろに陣取った水川が小さく溜息をつく。

ウチにも出るんだわ、霊。

マジか。

普通に出る。
家族もみんな見てるし。

怖いね。

え?怖いの?
この前もさ、誰もいないはずの風呂からシャワーの音が聞こえてきて。

怖いよね?普通それ。

怖いかなあ。

すぐに親父が風呂飛んでって。
まあ、怖いか。

怖いじゃん。

親父、そいつに怒鳴ったんだ。

「幽霊だかなんだか知らねーけどな。
ウチはビンボーなんだ。水道代がもったいないだろ。
なんか恨みでもあんのか?

お前さんも、この家にいてシャワー浴びたいなら少しは金払え。消えたりできるんなら、金なんかいくらでも持って来れんだろ。

金持ってきたら相手してやる。
いい加減にしろ。こっちはそんなヒマじゃねえ。
日々の生活で一杯一杯なんだ。早く金寄越せ」

それは…
怖いね?

まあ幽霊に罪はない。と思う。

怖がってあげたい気持ちはみんな持ってるんだけどね。

何せ余裕ってもんがなくてさ。

何か悪いことしたかな、って。

水川は悪くない。

それから時々、夜中に誰もいないはずの部屋から音がして、
朝起きるとそこに1円玉が落ちてる。
そんで、親父が「いつの時代の時代の人間だ。足りるか、ボケ」って叫ぶ。

たぶん明治時代とかに死んだ人なんだろうね。

今は、駄菓子屋行ってもアメ玉1個5円はするから。

切ないね。

切ないな。

みんなビンボが悪いのよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

kawaraya_j

ranko's diary

蘭子の日記
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。