売れるサイトのための最新SEO徹底解説~「知りたい」ではなく「買いたい」検索意図を狙うSEOの最新動向~(住太陽氏)@Web担当者フォーラム2018秋

【更新】コメント付きRTを追加しました。

SEOに関わるかたなら、SEO情報のウェブサイトの老舗「SEO検索エンジン最適化」に助けられたことがあるのではないでしょうか?

このサイトを運指するSEO界の重鎮、住太陽さんの話が聴けるというので、「Web担当者フォーラム2018秋」に参加してきました。

地方企業のWebコンサルティングが多いので、滅多に東京では会えません。

住さん、相変わらず旅人っぽいビジュアルで登壇。

まずは、住さんの問題意識からです。

企業は売上を上げるためのSEOが必要なのに、世の中で流通しているSEO情報はPV(そして広告収入)を集めるための情報に偏っていないか?と。

セミナータイトルにあるとおり、売るためのSEO情報をご紹介いただけそうです。

本日のセッションのゴールは4つ。

特に3つ目の「検索インテントによる施策の違い」を知るのが楽しみです。

早速、Googleの公式文書から検索意図の分類を読み取ります。

Googleによれば検索意図は4つ。Know(知りたい)、Go(行きたい)、Do(やってみたい)、Buy(買いたい)。

検索結果の画面から、どういったことがわかるのでしょうか?

例えば「便秘」に関連した検索結果を見ると…。
(「原因」「体質」「メカニズム」などのキーワードと組み合わせているので、Knowクエリと思われるケースです)

タイトルやスニベットにも、キーワードが含まれていません。

※画面はChromeのデベロッパーツールによるスクリーンショットです。

Googleの公式文書にヒントがあります。

クエリに対する答えが含まれているページかどうか見極める必要があります。

と説明されています。便秘について知りたいユーザーの答えが含まれるコンテンツが評価されるのです。

そしてGoogle文書の「必要があります」という表現は、検索エンジンはすでに変わっているメッセージ、と読み取れるそうです。

検索意図に伴う検索結果の表示以外にも、検索は変化しています。例えば、湖の面積(左)や、住さんが好きな「勝新」で検索(中央および右)してみても、検索結果の進化がわかります。

曖昧な検索でも、検索意図に合った答えを出そうとしています。

ただコンテンツを増やせばいいのではない、ということです。

これまでのSEO施策では、左側の情報を増やすようなアドバイスが多いようですが、もしDoクエリに対応するSEOであれば、右側のコンテンツが必要になります。

さらに買いたいニーズに応えるBuyクエリはどうでしょう。検索結果を並べてみるとわかります。左は知りたい場合、右は買いたい場合です。

左のKnowクエリではコンテンツで勝負する必要があり、右のBuyクエリでは購入のニーズに応えると、購入画面や購入に誘導する広告が必要なのです。

こういった検索意図に対応するとともに、「サイテーション」も重要です。

これまでは、いわゆる「PageRank」と言われるリンクグラフが評価されてきましたが、クエリによっては「サイテーション(口コミ)」の重要度が上昇しているそうです。

住さんは、こういった検索エンジンの変化に伴い、SEOはサイト内だけでは対応できない、ともいいます。

そして、最後に各インテントごとの対応のヒントを提示してくれました。

ユーザーの課題を解決しようとするGoogleの変化に対応するSEO担当者は、何をするべきか、いくつかのヒントをいただきました。自分なりにまとめてみます。

ソラアメカサで「買いたい」検索意図を狙うSEOの最新動向を考える!

最近、物事を伝えるために「ソラ」「アメ」「カサ」というツールを使うようにしています。ソラは事実、アメは解釈、カサは判断です。

検索結果(ソラ)の変化をよく見て、
Googleの仕様を知るためにGoogleの公式文書(アメ)をよく読み、
適した施策を行う(カサ)
という、極めて真っ当な活動が必要だということではないでしょうか。

住さん、ありがとうございました。検索結果の比較で、検索意図に合わせたコンテンツを用意することの重要性がよくわかりました!

参考リンク:ボーディー有限会社(住さんの会社)、ドコドア株式会社(住さんが社外取締役をしている新潟のWeb制作会社)

コメント付きRT

こういうコメントをいただけると、レポートするモチベーションが上がります!

確かに。検索結果の変化を追うことから始めます!

検索結果、いつの間にか、進化しているようですね。

ほんと、わかりやすかったです。

そういっていただけれ、うれしいです。

ほんと、よかったです!

この4分類、重要かと!

noteの公式アカウントでも紹介いただいた!

まさに、ぼくも何度も読み返しています!

その他のSEO関連のイベントレポート

20,000URLの180項目を分析した結果によると…。

コンテンツマーケティング寄りのイベントですが、参考になります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

面白いものを見つけて写真を撮れたら投稿します。世の中、面白いものがたくさんあるのに、消えてしまうのがさみしくて。

ありがとうございまっす!!!
111

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
5つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。