【保存版】皆知らない損切りの真の重要性と設定方法

この記事は私が今までFXトレードを行ってきた中で、損切りを行うために、重要なことをわかりやすくまとめたものとなっています。

「自分は損切りできるから大丈夫」なんて思っていても、その損切りの設定位置や方法はほんとに理にかなっていますか?

自分の勝手なルールで設定した損切りなどなんの意味も持ちません。

損切りについての技術はトレードで生計を立てようと思っている人も、副業程度で軽く儲けたいと思っている人も確実に必要な技術であると断言できます。

そもそも損切りってなんの為にしなくちゃならないの?

損切りが重要なことってどんな投資やFXの本にも書いてありますよね。

でもなんの為に行わなければならないのか?

それは、

損失が拡大して自らの資金をすべて飲み込まれないようにするため

に他なりません。

しかし、それでも損切りができなくて、大きく損失を出してしまう人がいるのは何故でしょうか?

そこには、損切りができない根本的な原因が存在しているからです。

そして、これだけは断言できます。

損切りができなければ、投資で利益をあげることはできない。

もちろん私も、最初は損切りができずに、利益以上に損失をだしてしまったことがありました。それも1回や2回ではありません。

しかしそんな失敗の中から確実に学べることはありました。

それでは、ここから詳しく損切りについて説明していきたいと思います。

例えば、下のチャートのような上昇トレンド中のどこかのタイミングでロング(買い)でエントリーしたとします。

もちろん、利益がでて各々のタイミングで利益確定をしていきます。

しかし、いくら上昇トレンドといえど、押し目(下落)を作りながら上昇していくわけです。

そしてその押し目(下落)がどのくらいの深さになるかは誰にもわかりません。従って勝率100%の人でもない限り損切りを強いられる可能性は常に付きまといます。

しかし、上昇トレンドなので、大抵はロングポジションを持った初心者のロング(買い)ポジションを振り落とした(損切りさせた)後に再度上昇していくわけです。

上記の上昇トレンドのチャートの押し目ポイントで損切りをしてしまった初心者のメンタルといえばどんな状況でしょうか。

「損切りしないで、保有しておけば利益がでていたではないか。」

きっとこんな感情が込み上げてきているものと思います。

そこで次にポジションを持つときは、損切り幅を広げるか若しくは損切りを設定しないでポジションを保有してしまうわけです。もちろん絶対に上昇するだろうという勝手な希望と期待を込めて。

しかし上昇トレンドは永遠に続くわけではありません。

そしてそれは最近のビットコインのチャートの値動きからも読み取ることができるでしょう。

言うまでもありませんが儲けたいと思っている人が全員儲けられるように相場はできていません。誰かが損をするから、誰かが儲けるわけです。

従って必ずどこかで、チャートはもみ合い、若しくは下落トレンドに転じてくるわけです。

しかしまだ上昇すると信じ込んで、損切りを設定していなければ、損失額は大きくなって強制決済になるまで保有してしまう。

という流れがほとんどだと思います。

今の一連の流れを読んで、自分がロスカットした時と同じだと感じた人もいると思います。

しかしまた同じ過ちを繰り返す可能性は充分にあります。

なぜなら、トレードには今説明したような感情は切っても切り離せないものだからです。

しかし今の私の説明を読んで理解したからと言って、損切りができるようにはなりません。なぜならば、

認識することと、実行することの間には大きな差があるからです。

そしていざ損切りをしなくてはいけない場面に直面した時、頭では認識していてもそれを実行できずに損失を膨らませてしまう。

ではどうすれば、真に損切りを行える状態になることができるのかを以下に説明して行きたいと思います。

※この記事は、さらにわかりやすく随時更新していく予定です。(一度購入した人は更新後も購読することができます。更新はフォロワーの方には通知がいくようになっています。)

この続きをみるには

この続き:2,889文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジン購入の方が価格が安価になっています。(一度購入された方は再度新しい記事が更新された時も無料で購読して頂けます。)

投資苑

4,980円

全7記事収録

または、記事単体で購入する

【保存版】皆知らない損切りの真の重要性と設定方法

Watson

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Watson

投資苑

全7記事収録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。