【手法】ダマシを利用したスキャルピングについて

はじめに

皆さんそれぞれ自分のタイミングと手法で日々のトレードを行っていると思いますが、ここでは私も利用している高勝率で利益を出せるダマシを利用したエントリータイミングについて実際のチャートを利用した説明をしていきます。

目次
①ダマシとは?
②何故ダマシを利用するのか?
③環境認識を行う
④ダマシを認識した時の具体的なエントリー方法
⑤ダマシにかからない為には
⑥利益確定ポイントについて
⑦ダマシになるポイントはある程度予測できる
⑧まとめ


①ダマシとは?

そもそもダマシって何?と思われる人もいると思いますので、一応説明を。
(知っている方はとばして次の②から見てもらって構いません。)

ダマシとは、テクニカル分析で売買のサインがでたものの、それとは逆に動くことを指します。

例えば、以下のチャートのような場面です。

価格は何度も水平ラインをタッチし、ブレイクした時は一気に上昇するだろうと市場は期待していますが実際にブレイクしてみると、それとは真逆の方向に動いてしまうことがダマシの典型的な例です。

基本的に皆この「ダマシ」に引っかかって損切りを強いられてしまうのですが、この記事ではその「ダマシ」を見極め、逆に高勝率に結び付けていく方法について解説しています。

②何故ダマシを利用するのか?

何故ダマシを利用するのか?
それは、信頼性が高いからの一言に尽きます。信頼性とは仕掛けた方向に動きやすい。勝率が高いという意味です。

ではなぜダマシを利用することにより、勝率が高いトレードができるのかということを説明していきます。

例えば先の図で言うと、ブレイクアウトでロングエントリーをした人は、思惑通りに上昇しなかった為、損切りを強いられます。つまり売り注文が出されるわけです。
そして、通常、ブレイクアウトが本物であれば勢いよく上昇していきますが、それが起きなかったことにより市場は上昇の勢いが無くなっていると判断します。
そして、その動きをみた新規売り注文を行うものも相まって、売られる可能性が極めて高くなるという仕組みになります。
従って、それをうまく利用し、利益に繋げる具体的な方法について解説していきます。

もちろん簡単には習得できませんが、難しいことでもないので、この記事に書いてあることをしっかり実践すれば確実に身についてきます。
チャートでは短期移動平均線(EMA)の20EMA、200EMAを使用してます。


この続きをみるには

この続き:4,403文字/画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジン購入の方が価格が安価になっています。(一度購入された方は再度新しい記事が更新された時も無料で購読して頂けます。)

投資苑

4,980円

全7記事収録

または、記事単体で購入する

【手法】ダマシを利用したスキャルピングについて

Watson

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Watson

投資苑

全7記事収録
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。