いつか本当のことを

この続きをみるには

この続き:1,292文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
80本入りで8000円です。高くてすみませんが、これ以上ノートは増やさない予定なのでこちらで更新をやめたいと思います。

表には出せない話、写真に詩歌、そして病み。本当に分かってくれる人にだけ読んでほしいからこの値段。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

北条かや

B面の北条かや(死ぬまで読み放題)

表には出せない話、写真に詩歌、そして病み。本当に分かってくれる人にだけ読んでほしいからこの値段。

コメント12件

とにかく食べて、まずは身体エネルギーを充足させてくださいね^^
メンタルの面は少し良くなりましたか。この一連の騒動に関して三点言わせてください。
1.薬の飲み方について
眠れなくて処方箋以上の量を飲んでいるとありましたが、主治医にきちんと相談して適量を処方していただいていますか。足りなければ同じ薬を増やす限度もあり、飲む薬の種類を増やすなどしたほうが良い場合があると思います。北条さんが飲みすぎでいることを正直に主治医に説明できているか心配です。
2.「こじらせ女子」についてお二人とのやり取りについて
能町さんの事は某深夜番組でしか知りませんが、文筆家として自身が作った言葉に関しては非常に思い入れがある人だと思いました。お怒りになるのももっともだと思います。とはいえ、謝罪している人に対しての物言いとしては言い過ぎの感もあります。
一方、北条さんの謝罪の仕方としても言い訳ととられかねない「私が弱いから」という部分は余計かなと思います。素直にただひたすら謝るほうが良かったと思います。そうすれば逆切れはなかったかなと思います。わかりませんが。。
お互いにもう少し大人の対応ができなかったかなと思います。この点についてはどっちもどっち。気持ちがすれ違っても仕方がないと思います。
3.「こじらせ女子」のタイトルをつけた編集さんについて
責任逃れのために全てを北条さんになすりつけた編集さん。これは許せません。北条さんにはすごくいい態度をとっていて、信頼なさっていたでしょうね。でも、大事なところで態度を豹変させて北条さんをかばうこともなく絶交を言ってくる人は信用してはいけない人です。こういうタイプの人は北条さんがもっとヒット作を手掛けると平気な顔して「お久しぶり。また今度一緒に仕事しましょう。」と何もなかったかのように言ってくるのです。私はそういう人を何人も見てきました。信じられませんが世の中そういう人もいるのです。こういう人とはできるだけかかわらないほうがいいです。また同じような嫌な目にあうからです。

以上、勝手ながら私の経験から言わせてもらいました。説教臭くなってすみません。忘れることは忘れ、捨ててしまうことは捨てる。そういうことがもう少し身につくと良いですね。私も身につけるのに時間がかかってしまいました。
北条さんが少しでもご自分を楽にできるようになることを望んで書かせてもらいました。北条さんの一助になれば幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。