紙モノ考

私にとっての紙モノとは。あと、ハチマクラさんのこと。

活版の作品を委託できるお店をさがしてみようと思っている今年。ほぼ弾丸、飛び込みアタックした。そのせいか初めての人と話す機会がやたらと多い。今のところ夢は破れているが、考えをめぐらすのは紙モノのことばかり……店舗では「実用品じゃないとウチはちょっと」「活版は高いねえ」という反応だった。なるほどと思った。営業アタックが不発に終わったのはしょうがないしミスマッチだったわけだけど、

紙モノって実用品なのか??

人によってはそうなんだなって、すご〜く不思議な感触がしたっけな。私はハチマクラさんが心の拠り所だから、使えなかろうがチープでボロかろうが用途不明であろうが気にならない。手に持ってなにか感じるものがあればいい。ロマンさえあれば。

高円寺のお店の佇まい、いつも暖かでときめいていました。ハチマクラさんの現状がすこしでもなぐさめられ、ふたたびお仕事を穏やかに再開できることを心より祈念しております。

*週末にはお世話になっている工房の方が企画した新しいイベント紙meが始まる。精力的なひとたちが日々活動している。かっこいい。行きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

宵待ブックスはのんびり気長に続けていきます。もしも、万が一、幸運にもサポートいただけることがあれば、本代やイベントの出店料に当てようと思います!

幸運が降り注ぎますように☆
1

ほんのこと

本の話、ほんとうのこと、語りたいこと
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。