見出し画像

#33 愛すべき疲労について

毎日を過ごすだけで疲労は溜まります。あまりにも疲れることが多いと、気力を失ってしまうかもしれません。

世の中では日々新しいことが生まれ、SNSの情報を触れるうちに、やりたいことがたまり、やりたいけどできていないことがたまってしまうかもしれません。

そんなとき、ふと思ったのです。

疲れないことはない。どんなことをしても疲れる。ならば「疲れない」「疲れを取る」ではなく、「いい疲れ方をする」方がいいのではないか。

疲れの有無を気にするよりも、どんな種類の疲れかを意識することで何かが変わるのではないか。

慣れ親しんだこと
楽しくてしょうがないこと
ずっとやりたかったこと

やってみれば意外に疲れないということもあります。疲れよりも楽しさが勝る、ここちよい疲れもあります。

終わった後、いい汗かいたと思える疲労
その後のご飯が美味しくなる疲労
これやってきたよって言いたくなる疲労

これからやることが意外に疲れないかもしれないと思えると、行動へのハードルを下げることができるかもしれません。

大げさかもしれませんが、疲労のない人生は生きているとは言えないのかもしれません。

「疲れない」よりも「いい疲れ方か」を考えたい。

それでは、また。

2019年8月5日
東京・茅場町にて


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。文章は読まれた時点で完成すると思っていて、みなさんからの感想やコメントをいただけると大変うれしいです。 サポートしていただいたお金は、自分が応援したい人へのサポートに回す予定です。note内ですてきな循環を生めたらいいなぁと思います。

今日の出会いに、こころからの感謝を。
44

ひらやま | cotree

株式会社cotreeグロースハッカー兼CMO兼CN(note)O◀︎上場ITベンチャー/人の物語を支えるサービス作りと組織作り、関わる人を幸せにするグロースサイクルを回したい/1年でnote200本執筆が目標(7ヶ月で165本なう)

ひらやまのエッセイ

つらつらと書き綴るエッセイ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。