週刊金融日記 第196号 僕たちは野蛮な人たちと戦わないといけない、大暴落ではじまった2016年の株式市場、六本木の熟成鮨、眼科医からレーシックとコンタクトに関してコメント、他

// 週刊金融日記
// 2016年1月13日 第196号
// 僕たちは野蛮な人たちと戦わないといけない
// 大暴落ではじまった2016年の株式市場
// 六本木の熟成鮨
// 眼科医からレーシックとコンタクトに関してコメント
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 金融市場は年初から大変なことになっていますが、恋愛市場にも激震が走りましたね。ベッキーさんと川谷絵音さんの不倫疑惑です。そして、僕たちはいつだって差別や偏見を許さず、謂れのない罪で虐げられている人たちを助けます。
 今週はこの話題を冒頭で論じたいと思います。

『週刊文春 1月14日号』 http://amzn.to/1mUCELA

 僕たちのコミュニティの素晴らしいところは、医師や弁護士をはじめ、さまざまな分野のエキスパートが集っていることだと思います。今週も、読者から多くの有用な情報が寄せられました。

―眼科医からレーシックとコンタクトに関してコメント
―セフレが本命彼女の妹の同僚であることが発覚しました
―妻の不倫が発覚しましたが子供のことを考えて離婚を踏みとどまっています
―低スペック女子ですが高スペック男性とおつきあいしています
―彼がガンになってしまいました

 僕は今週は、別の仕事で忙殺されてしまい、ちょっと配信が遅れてしまいましたが、ようやく仕事が片付き、再来週ぐらいからさらにパワーアップしたメルマガをお届けできそうです。いまサイト開発と連動して、有用なコンテンツを提供できる体制を整えています。しばらく、お待ちください。

 それでは、今週もよろしくお願いします!


1.僕たちは野蛮な人たちと戦わないといけない

 先週は、サウジアラビアとイランとの緊張関係が高まり中東に新たな火種が生まれた。そして、息をつく間もなく、中国株の暴落、北朝鮮での水爆実験と重大な事件が立て続けに起こり、慌ただしい新年となった。しかし、日本社会が、注目したニュースは、これらではなかった。世間の注目を集めたのは、タレントのベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん)との不倫報道であった。
 日本社会は、北朝鮮の水爆実験などすっかり無視して、この話題で持ちきりであった。週刊文春1月14日号が、ベッキーと川谷絵音との不倫関係をほのめかす生々しいLINE会話を発表したのである。
 
『週刊文春 1月14日号』 http://amzn.to/1mUCELA

この続きをみるには

この続き:19,622文字
記事を購入する

週刊金融日記 第196号 僕たちは野蛮な人たちと戦わないといけない、大暴落ではじまった2016年の株式市場、六本木の熟成鮨、眼科医からレーシックとコンタクトに関してコメント、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

藤沢数希

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。