週刊金融日記 第165号 なぜ小説が出版されなければいけなかったのか、13年ぶり1ドル125円後半、六本木通りでワインのマリアージュ、パスタを茹でるルーティーン、他

// 週刊金融日記
// 2015年6月8日 第165号
// なぜ小説が出版されなければいけなかったのか
// 13年ぶり1ドル125円後半
// 六本木通りでワインのマリアージュ
// パスタを茹でるルーティーン
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 いよいよ梅雨に入りますね。5月はとてもいい気候だったのですが。
 連載中の恋愛小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』が、cakesで更新されています。

Chapter5-4 クオリティの証明
https://cakes.mu/posts/9490

 そして、とうとう小説が出版されます。Amazonでは予約を受け付けており、おかげさまで、すぐに日本文学のカテゴリーで何度か1位を獲得することができました。さっそく、予約してくれた皆様、ありがとうございます。発売日には品薄が予想されるため、早めに予約しておくことをオススメします。

Amazon予約受付開始 http://goo.gl/V2J5eQ

 読者投稿コーナーも、充実しています。

―銀座バーナン・プロトコル
―30歳過ぎても素人童貞の原因はプライドの高さでした
―ハイスペ三十路女ですが女性からのアプローチ方法が知りたいです
―ポストSPにおける低コストなデート
―非モテコミットの悲惨さがよく分かるアニメ映画

 それでは今週もよろしくお願いします。

この続きをみるには

この続き:28,279文字/画像4枚
記事を購入する

週刊金融日記 第165号 なぜ小説が出版されなければいけなかったのか、13年ぶり1ドル125円後半、六本木通りでワインのマリアージュ、パスタを茹でるルーティーン、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

藤沢数希

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。