週刊金融日記 第189号 なぜそれでも人は結婚するのか、テロの影響は限定的、渋谷でジビエ、テストステロンは言葉から、他

// 週刊金融日記
// 2015年11月24日 第189号
// なぜそれでも人は結婚するのか
// テロの影響は限定的
// 渋谷でジビエ
// テストステロンは言葉から
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 最近、金融日記のレストラン・リストをデータベース化したり、婚姻費用など結婚のリスク・プロファイルを包括的に計算できるWebアプリケーションを、まるでブログでひとつの記事を書くように作れたらいいなと思い、プログラミングの勉強をしています。久しぶりにコードを書くと、とても面白いですね。また、「金融日記 Weekly」のデータの更新も、VBAを使ってやっています。こうした、プログラミングなどの話題についても、機会があったら書きたいと思います。
 そして、いよいよ『ぼく愛』 http://amzn.to/1MO6yMn のコミックの連載が月刊アフタヌーンではじまります。25日発売です。

『アフタヌーン 2016年01月号』 http://amzn.to/1Mx9AT0

 大人の恋愛コミックに仕上がっていますね。ある意味で、恋愛工学はこうして世間に広まっていくのかもしれません。最近では、雑誌やテレビなどで、明らかに僕たちの恋愛工学から着想を得ていると思われるような企画を見かけます。恋愛工学の表層的なルーティーンやプロトコルを劣化コピーすることはできたとしても、僕たちのこのコミュニティやそこで共有されている理念といったものは、誰もコピーすることはできません。だからこそ、我々は日本の恋愛市場においては、パイオニアであり続けるわけです。

 今週号もさまざまな投稿が寄せられました。見所は以下のとおりです。

―男性ホルモンは攻撃的なセリフを言うだけで上昇する
―セックスに嫌悪感がある経験が浅い女性とどう向き合うか
―丸1日デートするとうまくいかないの法則
―女性からの逆ナンする方法について
―女子に別れを切り出したらゴネられたので走って逃げました
―勝手に敵意を向けてくる人たちについて
―ストナンで初めての即日ゴール

 日本は連休でした。天下一武道会に参加したり、どこかに旅行にでかけたりと、みなさん休暇を楽しんでおられたようですね。僕はといえば、これから小旅行でもしようかといったところです。
 それでは今週もよろしくお願いします。

1.なぜそれでも人は結婚するのか

「結婚は、ほとんどすべての人が歓迎する悪である。」
-- メナンドロス(古代ギリシアの喜劇作家)

 残念ながら、僕がどれだけ啓蒙しようと、僕のメルマガがどれだけ売れようと、日本人女性の結婚に対する執着が薄れる気配はない。女性の結婚に対する思いや憧れは、ただならぬものがある。それは、男性のセックスへの渇望よりも激しいものかもしれない。それゆえに、女性がひとたびセックスカードを切れば多くの男性を魅了できる以上に、男性の結婚カードもまた、極めて強力な切り札となりえるのだ。

この続きをみるには

この続き:25,338文字
記事を購入する

週刊金融日記 第189号 なぜそれでも人は結婚するのか、テロの影響は限定的、渋谷でジビエ、テストステロンは言葉から、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

藤沢数希

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。