週刊金融日記 第294号 怪物ビットコイン ~ハードフォークという富の複製、ビットコイン・ダイヤモンド誕生!時価総額1兆7000億円、仙台駅と品川駅の美味しいレストラン、晒される恐怖から出会い系アプリに顔出しすることができません、他

// 週刊金融日記
// 2017年11月29日 第294号
// 怪物ビットコイン ~ハードフォークという富の複製
// ビットコイン・ダイヤモンド誕生!時価総額1兆7000億円
// 仙台駅と品川駅の美味しいレストラン
// 晒される恐怖から出会い系アプリに顔出しすることができません
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 さて、まずは恋愛工学です。紅白歌手の土屋礼央さんと最近、BLOGOSで対談しました。ご査収ください。

●結局、モテるかどうかは「ひとこと」が言えるかどうか 土屋礼央のじっくり聞くと
http://blogos.com/article/261591/

●RAG FAIR「メリミー!!」

 いやはや、ビットコインを取り巻く状況はすごいことになってきましたね。それで、12月はもっとすごいことになる、というのが僕の見立てです。冒頭はビットコインについてです。
 今週も面白い投稿がいくつもありました。ちょうど暗号通貨に関するものが多かったですね。

―暗号通貨のハードフォークは本当にフリーランチ?
―アルトコインは購入されてますか
―ビットコイン先物CME上場後の展開について
―大学のコンピュータを使って暗号通貨マイニングしていいんでしょうか
―宗教勧誘の女の子が可愛かったんですが部屋にあげて触っていいんですか
―自分にセフレがいる話が大学のサークル内で広まってしまいました
―晒される恐怖から出会い系アプリに顔出しすることができません

 それでは今週もよろしくお願いします!

1.怪物ビットコイン ~ハードフォークという富の複製

 ビットコインは12月に空前絶後のバブルになるだろう。それがバブルだったかどうかは、10年後の世界の人にしかわからないので、バブルという言葉を使うのは控えよう。ビットコイン保有者にとんでもないリターンがもたらされる、ということだ。それは、僕がずっと追いかけていた、ハードフォークという「富の複製」が次々と起こるからだ。とにかく、12月はとんでもないことが起こる、と予言しておこう。
 ハードフォークが株式分割とは似ても似つかないものだということがわかっていない人は、バックナンバーを読んでほしい。そこには、これから12月の相場でどう戦えばいいのか、すべてが書いてある。逆に、理解できないなら、リスクを取るべきではないだろう。投資も投機も自己責任だからだ。
 僕はかなり大きなポジションをこれから1ヶ月以上もキャリーしていくことになる。

『週刊金融日記 第275号 いまさら人に聞けないビットコインとブロックチェーン・テクノロジー』
『週刊金融日記 第276号 ビットコインは本当に世界を変えるかもしれんね』
『週刊金融日記 第277号 ビットコイン分裂の経済学 ~ハードフォークを正しくプライシングする』
『週刊金融日記 第278号 ビットコイン・アービトラージ ~市場に札束が落っこちていた』
『週刊金融日記 第279号 ビットコインはバブルなのか』
『週刊金融日記 第282号 日本人主導のビットコインバブルは崩壊へのカウントダウンに入った』
『週刊金融日記 第283号 ショート戦略を理解する』
『週刊金融日記 第284号 ビットコインのおかげで生きたトレーディングの教科書ができました』
『週刊金融日記 第285号 暗号通貨トレーディング失敗記録もぜんぶメルマガ読者にお見せします』
『週刊金融日記 第289号 ビットコインゴールド 金の雨が天から降り注ぐ』
『週刊金融日記 第291号 SegWit2xのハードフォークでまた天から金が降ってくるのか』
『週刊金融日記 第292号 ビットコインのお家騒動は続く』

 このハードフォークがどれほどすごいものなのかは、先日のビットコインダイヤモンドの時価総額が端的に表している。どこの誰が作ったかもわからない暗号通貨が、一夜にして日本の大企業の時価総額を上回るのだ。このようなハードフォークが次の1ヶ月の間に次々と起こる。そして、それはこれからはじまるハードフォーク合戦の序章に過ぎないのだ。そして、ほとんどの人たちはまだ、この意味を理解できていないのだ。

●ビットコインダイヤモンド誕生!時価総額1兆7000億円(金融日記 Weekly 2017/11/17-11/24)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52122731.html

★これからハードフォーク合戦がはじまりビットコインから金の雨が降り注ぐ……。

 しかし、誤算がひとつあった。ビットフライヤーなどの日本の主要な取引所が、こうしたフォークコインを客に戻していないのだ。ビットコインゴールドは、すでに海外の多くの取引所に上場されている。こちらはフォーク前に、それが価値を持ちブロックチェーンが安定すれば顧客に付与する、とビットフライヤーなどは発表していたので、さすがにいつかは払い戻されると思われる。しかし、ダイヤモンドに関しては、日本の主要取引所は完全に過小評価しており、無視していた。だから、スナップショット(フォーク時点で取引所内の誰がどれだけビットコインの現物を保有していたかの正確な情報)がしっかりと取られているのかどうかも不明瞭だ。最悪の場合、取引所に顧客の資産が没収される。ビットコインプラチナムに関しても、扱いは不明瞭だ……。

★ビットコインプラチナムのフォークは12月12日ごろに延期された……。このコインも日本の大企業を上回る価値を持つものと思われる。

 僕はビットコインダイヤモンドに関しては、フォークの直前に一部のビットコインをBINANCEという香港ベースの取引所に移すことにより手に入れることができたが、多くがビットフライヤーに残ったままだ。かなりの金額になるはずだ。

●海外仮想通貨取引所 BINANCE(バイナンス)の開設方法、使い方
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52122683.html

この続きをみるには

この続き:14,906文字
記事を購入する

週刊金融日記 第294号 怪物ビットコイン ~ハードフォークという富の複製、ビットコイン・ダイヤモンド誕生!時価総額1兆7000億円、仙台駅と品川駅の美味しいレストラン、晒される恐怖から出会い系アプリに顔出しすることができません、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21

藤沢数希

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。