見出し画像

週刊金融日記 第191号 オーガズム工学入門、米利上げは確実、白金のA5和牛の焼肉店、村上ファンド強制調査続報、他

// 週刊金融日記
// 2015年12月8日 第191号
// オーガズム工学入門
// 米利上げは確実
// 白金のA5和牛の焼肉店
// 村上ファンド強制調査続報
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 政府はどうやら本当に法人税率を20%台にするようで、これは日本経済にとってとてもプラスだと思います。いろんなところで言われていますが、香港、シンガポールなど、アジア諸国は法人税率が10%台で、アジアの本部機能が東京から、次々とこれらの税金の安い国に移っていますからね。

●法人税、18年度に29.74% 税制大綱に盛り込み
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H7E_U5A201C1PP8000/

 東洋経済の取材に応じて、結婚という契約の金銭的な意味合いについてコメントしました。

●注意!稼ぐ男にとって結婚は「危ない契約」だ
http://toyokeizai.net/articles/-/94523

 村上ファンドの村上世彰さんが、オフィシャルサイトを起ち上げて、突然の強制調査について反論していますね。ところで、マスコミは、捜査当局のリーク情報からは何が悪かったのかがまったく不明だったことは明らかだったのに、あたかも悪いことをしたかのように、リーク情報をそのまま報道するのはなぜなのでしょうかね。この件に関しては、読者投稿コーナーでも論じます。
 今週の読者投稿コーナーも、とても充実しています。見どころは以下のとおりです。

―村上ファンドへの突然のガサ入れに関して
―影響力のある個人が小型株の購入を煽るのは違法ではないのか
―オススメのワインを教えてください
―アメリカの映画シナリオの作り方の理論書
―MBA仕込みの新宿プロトコル第二弾
―Facebookでのリア充合戦に参加したばかりに

 そして、恋愛工学では、新たに生理学的な観点からの研究がはじまろうとしています。今後の展開が楽しみです。
 それでは、今週もよろしくお願いします。

1.オーガズム工学入門

 これまで恋愛工学では、進化生物学や心理学の研究成果を積極的に取り入れてきました。また、戦術レベルに落とし込む際には、取れるリスクの範囲内で不確実な未来のリターンを最大化していく学問である金融工学の力を使ってきました。しかし、生理学的な視点からの恋愛工学研究は、ほとんど手付かずのフィールドとして残されているのです。
 今回は、この恋愛工学のフロンティアについて、読者から包括的なレビューが投稿されたので、まずは紹介しましょう。

===============================
―女性のオーガズムとセックストリガーの関連性についての考察

 こんにちは、カルジです。
 今回はコミュニティに共有しておきたいドキュメンタリー動画の紹介と、それに関係した個人的な見解を述べるために投稿しました。動画は324円かかりますが、恋愛工学の副教材としては十分なものだと思いますので、皆さん是非ご覧になられてください。

この続きをみるには

この続き:26,942文字
記事を購入する

週刊金融日記 第191号 オーガズム工学入門、米利上げは確実、白金のA5和牛の焼肉店、村上ファンド強制調査続報、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

藤沢数希

藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。