週刊金融日記 第368号 圧倒的に健康でひとり勝ちするための食事戦略、トランプ大統領怒りの対中国関税25%、第81号~第90号の中でいまでもオススメのお店、ネットで誹謗中傷されたときの心構え、他

// 週刊金融日記
// 2019年5月13日 第368号
// 圧倒的に健康でひとり勝ちするための食事戦略
// トランプ大統領怒りの対中国関税25%
// 第81号~第90号の中でいまでもオススメのお店
// ネットで誹謗中層されたときの心構え
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 5月も半ばになり、日本はとても過ごしやすいですね。日本は5月と9月、10月がベストだと思います。この月は日本にいたいですね。

 さて、ふるさと納税で日本一の泉佐野市ですが、やはり過去にメルマガでも危惧していたように、総務省の怒りを買ってしまい、6月からはじまる新制度ではハブられることになりました(笑)。プラットフォームに手数料を取られないために、自前のサイトまで作ったのに残念ですね。しかし、怒りの閉店セールとなり、駆け込み需要が見込まれます。まあ、泉佐野市のベンチャースピリットに賛同する人は、この機会にぜひふるさと納税しておきましょう。

『週刊金融日記 第347号 ふるさと納税とポイント還元祭りで札束でビンタされる』
『週刊金融日記 第348号 ふるさと納税の覇者 泉佐野市』

●返礼率実質6割に引き上げ=新ふるさと納税開始まで 大阪府泉佐野市
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051300420

●直営サイト:さのちょく 300億円限定キャンペーン
http://furusato-izumisano.jp/campaign/index.php

 いつものように面白い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

- 外資系シンクタンク勤務年収1400万ですが婚活アドバイスをいただきたいです
- ペニバンをア*ルに入れられた者ですがついにお尻でイけました
- 主にバレー部のみなさんに探偵対策をお伝えします
- 花粉症レーザー治療を受けましたので報告いたします
- ネットで情報発信していますが誹謗中傷されたときどうやって心の平静を保ちますか

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.圧倒的に健康でひとり勝ちするための食事戦略

 食事というのはなかなか宗教じみている。最近では過激化したヴィーガンによる肉屋襲撃事件などが相次いだ。そして、そうしたヴィーガンたちを揶揄し、風刺する動画がネットでバズったりした。

●「刑務所に入る覚悟」 菜食主義者による襲撃相次ぐ フランス
https://www.afpbb.com/articles/-/3191492

●If Meat Eaters Acted Like Vegans - Ultra Spiritual Life episode 35

 また、日本でも無農薬や無添加をうたう食材だけを食べるオーガニック教などは、都心の高級住宅地などで猛威を振るっており、こういったカルトに配偶者が入信してしまえば、夫婦関係は簡単に破綻してしまう。破綻しなかった場合でも、労力的に金銭的に高コストな生活を強いられることになろう。

「私の妻は専業主婦です。子供はまだいません。
 妻には自由に使えるクレジットカードを渡しています。
 彼女はもともと理系の聡明なバリキャリ女子でしたが、経済的にも時間的にも自由な子無し専業主婦となった結果、スピリチュアルにハマってしまいました。
 パワースポットに行くと言って海外旅行を繰り返し、よくわからないスピリチュアルなセミナーにハマり、とうとうFacebookで怪しげな投稿を繰り返すようになりました。
 食材についても異常なこだわりを示すようになり、100%オーガニック食材しか使わなくなり、また、味付けもよくわからないうすーい味付けばかりになってしまいました。」

-- 週刊金融日記 第205号 多くの人間は自由を与えられると、鬱になるか、自分探しに走るか、詐欺師に騙されるかの3択しかなくなる

 上記のようなケースは極端だとしても、僕たちが目にする食事やダイエットに関する情報はおかしなものが多い。体型を維持しながら健康を保ち、末永くモテ続けるための食事とは何か、ということを今週は考えてみたい。すべては生活習慣なのである。

『週刊金融日記 第366号 ストナンが最強の趣味である』

★いまダイエットしてます。順調に過去3週間で筋肉量変わらず2キロほど落としました。

【食事法に関する文献調査】

 ダイエットや健康的な食事法については諸説入り乱れている。たとえば、数年前にこの本がインテリの間で流行り、僕もメルマガでちょろっと紹介したら、朝ごはんはバターコーヒーだけ、という妙な習慣が大流行した。曰く、グラスフェッドの(=牧草を食べてのびのび飼育された牛から作られる)バターは非常に身体にいい、と。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー
http://amzn.to/1jkKZX8

 一時期、高価なこうした輸入バターが飛ぶように売れ、しばらくすると、最初からこの本が推奨しているような方法で作られたバターコーヒーがファミマなどに並んた。僕も買った(笑)。
 しかし、昨年ぐらいにベストセラーになったこちらの本は「バターは身体に悪い」と言い、バターコーヒーで頭がすっきりなんて単なるプラシーボ効果、とハーバード大学で博士号を取った医師であり医療経済学の分野でカリフォルニア大学で助教授をしている権威である津川氏があっさりとディスったことにより、誰もバターコーヒーなど話題にしなくなってしまった。あっさりとバター神話は崩壊したのだ。

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』津川友介
https://amzn.to/2vVw0Ma

 さて、僕も津川氏の本は話題になったころに買ったのだが、読んだのは最近であった。丁寧な文献調査により、科学的にエビデンスがはっきりしている健康に良い食事、悪い食事がまとめられており、非常に良い本であった。我々が健康的な食事を考える上で、強力な指針となるであろう。

『週刊金融日記 第261号 大切なことは健全な権威主義』

【現代の医学でわかっている健康に良い食材と悪い食材】

この続きをみるには

この続き:15,388文字
記事を購入する

週刊金融日記 第368号 圧倒的に健康でひとり勝ちするための食事戦略、トランプ大統領怒りの対中国関税25%、第81号~第90号の中でいまでもオススメのお店、ネットで誹謗中傷されたときの心構え、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

45

藤沢数希

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。